INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ケンドー・ナガサキは逝去直前にカブキ、キラー・カーンらと揃い踏み。歴史は、「間に合った」…(報知新聞)

hochi.news

“ケンカ最強”と恐れられたプロレスラーのケンドー・ナガサキこと桜田一男さんが12日、71歳で亡くなった。1980年代に、顔面ペイントに頭頂部をそり上げた落ち武者スタイルの悪役レスラーとして米国で活躍……亡くなる1週間前にカツラをつけてメイクして再変装。ザ・グレート・カブキ(71)、キラー・カーン(72)ら昭和のレジェンドたちと“奇跡の6ショット”を撮影していた。(酒井 隆之)

(略)
レジェンドレスラーたちが各自ブースを設け、サイン会、撮影会、グッズ販売を行った。

 共演イベントではなく個別の活動だったが、控室で夢のレジェンドショットが実現していた。主催者からの依頼でレスラーをコーディネートしたグッズ製造・販売のチームフルスイング・利根川亘代表(47)が、個々の空き時間を縫って6選手を控室に集めた。キラー・カーン(小沢正志)=居酒屋経営=、ザ・グレート・カブキ(米良明久)=同=、木村健悟(66)=品川区議=、ウルトラセブン高杉正彦、64)、右足を切断し義足で退院したばかりの谷津嘉章(63)、そしてメイクして“落ち武者カツラ”をつけたケンドー・ナガサキが復活した(敬称略)。

 このカツラは元美容師で利根川氏の友美夫人(44)が、大きいサイズのカツラの頭頂部をナガサキ仕様にカットして作った……イベント参加を迷っていたカーンは訃報を受けて「桜田に会えて、行ってよかった。桜田の分まで長生きしないといけないな」とつぶやいた。

少年時代の自分が夢想した、「アメリカで大暴れしてるオリエンタル・レスラーが軍団を作れば面白いのに」が実現した1枚。木村健吾も、メキシコでは韓国の大悪党パク・チューとして、あのエル・サントとも抗争を繰り広げたのだった。谷津嘉章も、トラ・ヤツの名前で…まぁ新日からの”バーター研修生”であり、アメリカでは彼の名前で客が呼べるようなファイターじゃなかったけど、それでもMSGのリングにあがったもんな。ウルトラセブンは知らぬ(笑)

とくにナガサキとカブキのそろい踏みは、みのもけんじ「プロレススターウォーズ」でないと見られないと思っていました。


ネット上には、これも海外長期遠征はないけど、海外にファンがすごくいるマナミ・トヨタも入った写真がUPされている。


f:id:gryphon:20200119112635j:plain
オリエンタルレスラーそろい踏み&豊田真奈美 ※ https://twitter.com/marukomariya/status/1213662502937956357 より


しかし、興味深い話ではあるけれども、スポーツ新聞の記事になるってのはちょっと、「ん?めずらしいな なんでだろう」と思わせる部分もある。
実はこれ、属人的ってゆーか、報知新聞には、そういうのに『強い』名物記者さんがいたみたいですね。
グッジョブ。だからこそその人脈で、写真の提供も受けたらしい。



キラーカーンと言えば、そもそもジャパンプロレス解散、長州の新日復帰を見て「プロレス界のなにもかもが嫌になり」世界の頂点、人気絶頂だったハルク・ホーガンとの大抗争をプランしていたWWF(当時)の慰留と報酬を振り切って引退したことで知られる。ビンスは「トラブルがあるなら何でも言ってみろ、おれがすべて解決する!!」とまで言ったとか。

その彼も、徐々にプロレスと和解してくれているようだ。

イベント参加を迷っていたカーンは訃報を受けて「桜田に会えて、行ってよかった。桜田の分まで長生きしないといけないな」

すべては、歴史の前にひれふす。