INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

やや退屈でも(笑)安定安心のドミネーター…岡見勇信らしい 戦いが帰ってきた




というわけでユーシン・オカミ判定勝ちです。
UFC でとにかく日本人が勝つということ 、それ自体に大きな意義がある。そんな時代に今戻っているということを踏まえた上で、岡見勇信の勝利を喜びたい。
またその勝ち方が、本当に岡見勇信らしかった。テイクダウンを決め、背中に回った状態からじりじりと、上に入り、かつては日本有数と呼ばれた重いパウンドも決める。相手がそれを打開しようと動いても、ラウンドごとでも、それを淡々と繰り返してる。だけどもまぁ、フィニッシュの匂いはあまりなく、正直言えばやや退屈な部分もある。
いやこれはね、 我れらが同胞たる日本人、 アジア人として頑張ってほしい!という思いを込めて観戦しているから「やや退屈」なんて言い方で治まるんで、何の思い入れもない1 UFCファンがこの試合を見たら、伝説の論評「オカミの試合と比べれば、アリが巣穴を作ってる光景の方がよっぽどエキサイティングだ」という一文の通りの感想を持っても、批判する気にはなれない(笑)。てか、会場ブーイングの嵐だったしさ。
しかしそんなブーイングもまさに織り込み済みで、 とにかくこの一勝には岡見勇信のこれまでの歩みが正しかったことを示す何かが秘められていると思う。
そういう点では、 今後岡見勇信UFC でどれだけ勝てるか、または勝てずに再びリリースされるかは関係なく、非常に大きな一勝でありました。

サンダー・イズ・バック!