INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

堀口恭司、RIZINトーナメント優勝の感想

RIZINの感想。
晦日も仕事があったのでリアルタイムでは見られなかったが紅白歌合戦が終わった後位置から再生すると言う無謀なことをやって結局見てしまった(笑)。そうさせてしまうほど試合が良かったということでもある。実際、茶番としてRIZINの評価を大きく下げるかもしれなかったギャビ対神取がとりあえず持ち越しとなったし、年齢的に厳しいファイターの試合や、 MMA 初心者が無理に引き上げられるような試合も放送されなかったことなどがある。

そして何より堀口恭司が見事に一階級が上のバンタム級トーナメントで優勝すると言う…雷神にとっての「軸」ができたことも素晴らしいことであった。
思えば自分は堀口が UFC を離脱して雷神に来る、と聞いた時かなり懸念したものでした。まあ当の堀口自身にしてみれば、世界的大企業の…例えば課長補佐みたいなポジションで、かなり評価はされてるものの部署自体が今後どう扱われるかわからないところ…そこから、その会社の規模とは比べ物にならない小さな会社?(ただ、その地元企業としては地域では超名士として扱われる)の専務理事として就職したみたいな感じだろう。
最終的な選択が正しかったかと言われればまだわからんが、ただ今回の優勝賞金だけで UFC で今後勝ち上がってもなかなか難しいほどの報酬だったろうし、何と言っても所英男などと同様に日本の知名度、テレビのお茶の間人気というのは巡り巡って有形無形の財産として日本の中で流通していくだろう。
やはりすでに「この転職は成功した」と認定してもいいんだろうね。

今後も、堀口は1階級が上のバンタム級で戦うという前提なら、日本人のバンタム級ファイター(DREAMでもトーナメントやってたしね)に、それなりに「堀口危うし」的な人材もいるし、イアン・マッコールだって今後最強の挑戦者として扱えるかもしれない。
これまでRIZINは「でも世界最強レベルじゃないんでしょ?」「 UFC の方がはるかに上なんでしょ?」と言われるという懸念があった(パンクラス修斗、DEEPは「 ええ、フィーダーショーです」と開き直れる)。
全体的にはそうかもしれないが1階級だけでも「堀口がいます」よとこれから言える。
辛口の MMA ファンは「デミトリウスジョンソンに完敗したよね」というかもだが「でもそこからの伸びしろ、そしてRIZINに来てからの戦い方を見てみろ。 マイティマウス に絶対勝つとは言わないが面白い試合になるんじゃないか?そして、それ以外の UFC フライ級ファイターよりは上だろうよ」と言ったら、「まあそうだよね」と賛同するんじゃないかな。これは事実かどうかというよりイメージ、幻想の問題で堀口は「他団体のトップだけど、ひょっとしたら UFC の連中以上かもね」という幻想をもたれるに十分な仕事をRIZINでしてきた、ということだ。
ある意味、ケニーオメガ状態、シンスケ・ナカムラ状態とでもいうかね。
そして…堀口とRIZINの契約がどんな種類のものかは分からないが、例えば6試合して契約を満了したら、もう一度大物フリーエージェントとして UFC に行くことは十分あり得るでしょう(そもそもそういう話は登場する時からしていたし)。
これはエディ・アルバレス などが登場してきた時に似ている。交渉次第では非常に良い条件になるということです。

そんなふうに夢が膨らむ堀口恭司という存在でした。