INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ワシントンポストが「孤独のグルメ」を紹介。大晦日の特番になってることに驚いてる





https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/new-years-eve-in-japan-watching-a-hit-tv-show-about-a-man-who-eats-alone/2017/12/21/116c56f2-e10a-11e7-b2e9-8c636f076c76_story.html

日本の大晦日:一人で食べる男のヒットTV番組を見る

TOKYO - ビッグとほとんど常に残念なパーティーを忘れ、その闘争は真夜中の後に家に帰ります。日本では、大晦日はあなたの家族と一緒に家でテレビを見ています。あなたの年末には深くきれいになった後の報酬です。

通常、日本の家族は、人気のある歌手が女性のための赤、男性のための白人のチームに分かれていて、真夜中の直前に発表された勝者と戦うNHKの「年末の歌祭」を見るために集まる。(多くの場合、それは男性です。)

家族の中には、コメディアンが愚かなことをしたり、犯したことで処罰される "This is No Task for Kids!"

しかし、今年は、多くの日本人の "給料人"が純粋な脱走犯であることを示す番組がエンターテイメントプログラムに参加します。 「The Solitary Gourmet」は、初の大晦日特集を放送し、井上吾朗というキャラクターは、瀬戸内の西海岸沿いを旅して食べる。すべて自分で


テレビ東京はこの舞台で聴衆を獲得しようと諦めていると思う」と、猪草村の俳優松重豊は、70年近くの夜に新年の特番を放送するというチャンネルの決定について冗談を言ったNHKでの白黒歌唱コンテストで

男は東京の地下鉄駅で列車を待っている。(BEHROUZ MEHRI / AFP /ゲッティイメージズ
[ 日本人は本当に死にますか?場合によっては、はい。]

今シーズン6回目を迎えた「The Solitary Gourmet」は、独特の日本的なヒット曲です。

これは、男性が大企業に就職し、長寿をして長時間過ごし、長時間の食事、飲酒、時には上司とのカラオケの歌をしている国です。あなたの上司が彼のチームに一緒に夕食を食べるように頼むなら、いいえいいえはありません。これらのサラリーマンは、週中に妻と子供をほとんど見ません。

そういうわけで、猪草は、日本社会の大きな役割を果たすロールモデルの一種として浮上してきました。彼は中年の日本人ですが、企業生活の24時間の義務は無料です。彼
はヨーロッパから輸入された柔らかい家具の自営業のセールスマンです。


彼は飲みません。彼は同僚と交際する義務はありません。彼は家族に支配されていない。

彼は自分の商品を売っている国を旅行するだけです。そして、空腹になると、小さなお店、家族経営のレストランに立ち寄り、地元料理を楽しむことができます。6シーズンにわたって、福岡で鶏の鍋を食べ、仙台で牛の舌を焼いた。

東京新聞のテレビ批評家である吉田牛生氏は、「給料人は、会社や家族のために疲れないように働く企業の奴隷だ」と語った。しかし、猪草はこの奴隷から脱出した。そういうわけで、彼は多くの人々の英雄です。

フード・マッド・ジャパンでは、ショーはまた、一人暮らしの中でのいくつかの落胆を助けてくれました。

イノガシラは架空のキャラクターで、ショーはスクリプトを使っています。彼は何を食べようとしているのか、何を食べているのか、ほかの人が食べていることについてコメントしています。

松嶋氏は今春、シーズン6が始まる前に地元の記者たちに、人々が単に食べる中年の人を見て、ゆっくりと食べることに興味がある理由を理解していないと話した。それでも、彼は言った、それはショーのスターだ食べ物だ。彼はただの俳優です。


ショーは、メニューと食事の長い、残された映像のたくさんの - 肉の盛り付け、刺身のトレイ、蒸し麺で構成されています。これらは、ドラマ番組ではなく料理番組で典型的に見られる種類のショットです。

[ それは公式だ:日本の人口は劇的に縮小している ]

猪草はそこに座って食べ物を食べるだけです。彼は彼の電話を見ていない。彼は本を読んでいません - 彼は一口一口を楽しんでいます。彼は決して彼の食事をInstagrams。

彼は乱暴なバーやバーベキューレストランで一人でいることについて自意識はない。彼は甘い歯を持ち、デザートを楽しんで…(後略)

ちなみにこの記事では、このオンライン記事の論考が引用されている。

あと数回となった“幸福な一人飯” 「孤独のグルメ」を味わい尽くしたい!?(碓井広義) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/usuihiroyoshi/20170617-00072211/