INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ジョシュ・バーネット、アルロフスキーと対決

UFC対PRIDE”“元UFCヘビー級王者対決”アルロフスキー戦に臨むジョシュの虎視眈々 - スポーツナビ http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201609010003-spnavi

この記事にも書いてあるが「自分はやるべきことはすべて過去に証明してしまった。タイトルを一心不乱に目指しているわけでないあ」というスタンスはUFC復帰の際に何度も公言している。
それもあってUFCの試合は復帰後4試合して2勝2敗というペース。途中で世界を驚かせる、メタモリスでの「柔術ハンター」ぶりもあったけど。

にしても、ヘビー級は息の長い選手が多い。

…ベテラン選手層が厚く、若い選手の台頭をなかなか許さない状況がここしばらく続いている。次のペイ・パー・ビューイベントとなる「UFC203」でチャンピオンのスティペ・ミオシッチ(34歳)に挑戦するのは、かつてのK−1ファイター、大ベテランのアリスター・オーフレイム(36歳)だ。このほか、マーク・ハント(42歳)、ロイ・ネルソン(40歳)、ファブリシオ・ヴェウドゥム(39歳)といった顔ぶれがランキング上位に踏ん張り、勝ったり負けたりをしぶとく繰り返している。まるで西部開拓時代の荒くれ者たちがいまだに現役で幅をきかせているかのようなのだ。

 時代がなかなか進化していかないことに加え、もともと歴史的にもUFCヘビー級のタイトルを3回続けて連続防衛したチャンピオンは存在していない。ヘビー級王者はことごとく短命王座に終わってきているのだ。ベテランぞろいだけにケガ人や長期欠場者も多く、大会直前の試合決定や対戦相手の変更、暫定王者も比較的多い。
 一発当たればノックアウトになってしまう粗っぽい階級でもあり…

一発当たればノックアウト、
ということもたしかにあるのだろうね。
あれだ、信長の野望の「暗殺」コマンドみたいな…わからん比喩だな。


にしても、相手はボクシング技術に優れたアルロフスキーだが、ここはきっちり勝ってほしい。足関合戦などあるとなおよい。


ただ、自分はファイトパス動画を見られるスペックのPCが修理中(このブログ書いているのは、動画を見るほどのパフォーマンスはないモバイル)なので見るのはあと。