INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「3.11を直接描いた漫画」リストを更新しています

ことしも3.11がめぐってきました。
5年ですね……
世の中は変わったり、変わらなかったりしつつ、それでも時間だけは平等にすぎていく。


自分がこの震災であらたに提示できるような情報とかはないので、これをちょっと更新してますよ、とお知らせします。

東日本大震災を直接描いた漫画作品リスト(随時更新) http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20110810/p3

ことし、2016年に掲載された漫画の中では、この三つを確認しています

ギャングース 肥谷圭介鈴木大介
振り込め詐欺集団からカネを奪う作戦中。大震災に遭遇し、そこからさまざまな想定外が生まれる。(実ははっきり東日本大震災とは描いていないが、描写的にはほぼ疑いない)
 
天国ニョーボ 須賀原洋行
最愛の妻が病気で亡くなった思い出を『妻が天国と現世を行き来できるドアがある』という創作設定を交えて描く作品。この闘病中に震災が発生した。
 
まんが新白河原人 ウーパ! 守村大
守村大 自然・田舎暮らし志向の作者が丸太小屋を山奥に作り暮らす過程を描いたエッセイ漫画。しかしその山は福島県。丸太小屋も震災に遭遇し…

シリーズとしては以前から続いている作品ですが、章ごとに別の話が描かれている、という点では新作ともいえるのが
アフタヌーンでの

『はじまりのはる4 ハッピーエンド?』端野洋子
http://afternoon.moae.jp/magazine/afternoon

です

  
(「天国ニョーボ」の画像は手元にない)


しかし、こういうのは個人でやってても、すべてに目が届くわけがない。ここにある以外で、心当たりある作品あればお知らせください。


追記

あとでリストにも加えるけど、まずコメント欄を転載

id:machida77 2016/03/11 12:13
紹介し忘れていた東日本大震災が登場する漫画がありました。
まず、『解体屋ゲン』に復興を題材にした話があります。「第547話 未来の解体屋像とは?」「第561話 被災地復興の現状」です。
http://www12.plala.or.jp/toku141/gen/story/s21.html
それと2011年に別冊漫画ゴラクに掲載された橋本孤蔵「NAMIE/福島県浪江町・愛しき町へ」
http://blog.livedoor.jp/sakamakikirara/archives/22204406.html


あ 2016/03/12 14:22
震災漫画の件、エロ漫画ですけど天竺浪人作「淫姿花伝」のなかの短編「春の詩3119421」に描写がありました。
気軽に乱交してたら震災が起きて、その様子をTVで見て人生まじめに生きると改心するというオチでした。

 
こちらはブクマから

id:nakakzs 東京の漫画喫茶で桜玉吉が遭遇したことが「漫喫漫玉日記 深夜便」に書いてあったなあ。
→ここからさらに検索 

http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20140222
東日本大震災が、玉吉さんの「社会復帰」のひとつのきっかけとなったのです。

O村:だけどアナタ、あの日以降、外へ出るようになったんだよな。

玉吉:うん。

O村:普通さあ、地震やら放射能やらって話になって、外出するのはどうよ? って状態になって、外うろつき始めるってのは、どんだけ天邪鬼なのよ? なんでそーなんの?

玉吉:わからねえよ! ただ……震災後、原発事故で放射能が漂い始めた時あたりに、NHK観ててさ、電波調整用にかわいい子犬の映像が流れて、その後、日本の四季がただ流されててさあ、綺麗な自然、山、川、花、樹木……それで涙が止まらなくなっちゃった。

O村:あ、俺も似たようなことあったなあ。

id:hobbling
坂本タクマのパチンコトレーダー5巻。仙台在住の作者の株トレードの日々を描いた漫画ですが、震災に関しては周囲の災害はもちろん経済の動きや株のリスクも詳しく描かれていています。

 
こちらはtwitterから