INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

アリスター・オーフレイムまたも敗れる…サイクロンはこのまま消滅するのか?

★UFN50:セミファイナル・アリスター・オーフレイム vs. ベン・ロズウェル - http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20140906/1409971886

軽快に打撃を打ち込んでいくアリスター。飛び込んでテンカオ。関節蹴り。右フック。ロズウェルじわじわ近づくも手が出ずサンドバック。ただ打たれ強いのか効いた素振りは見せない。出てきたアリスターに右のショートアッパーがヒット!ちょっとぐらついたアリスターロズウェル組み付くが凌いだアリスター。離れた。アリスターのテンカオ。左フックを打つがカウンターでロズウェルのパンチを貰いダウン!パウンド連打!レフェリーストップ!

「ヘビー級選手のしかも打撃系選手だと、どっちかが一発当たれば倒れるので、実力のあるほうが勝つとは限らない。たまたま最初の一発がロズウェルだった」という言い訳はできるかと思うが、そもそもそれを言ってれば無限に言い訳が聞くからな(笑)。
やはり「負けに不思議の負けなし」ということでいいのかもしれない。

しかし、素人目には、さいきんジョン・ジョーンズの評価をめぐって「ルール内とはいえ、あんな危険な技を出すJJは汚い」という発言をプロのコーチがしたりしてにわかに危険性に注目が集まった「正面からの関節蹴り」なども使うようになり、打撃も軽快な感じがあったと思うんだが…アリスターもリングスからのベテランファイターだし、一時はK-1もやっていた選手。年齢とは別に、脳へのダメージなどでは既に晩年にさしかかっているのかもしれない。


自分はどうしてもジョシュ・バーネットとの相性みたいなのを考えるので、これでアリスターのランクが下がれば、ジョシュとの対戦は無いな。今回の勝者だとはいえ、やはりロズウェルのほうがアリスターよりは安牌だ、しめしめ……とか思っちゃったりしたのだが、その肝心のジョシュがメタモリスでノーダメージ一本勝利をしたにも関わらず

「今はポッドキャストの番組配信で忙しいから」

という、本末転倒したサブカル系芸人みたいなことを言い出し(※ほかにも映画出演などをするそうだ)、次回のUFC出場があんまり決まってないのでした(笑)。このまま試合間隔が空いてのランキングダウンがあって、そこでアリスターvsジョシュとかがありかねない、のでした