INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

DEEPの放送を見た。前田吉朗が磐石勝利、今成、DJも観賞!「ナウリーダーVSニューリーダー」はあるか

http://www.samurai-tv.com/program/deep.html
にあるとおり、昨日初放送がありました。当時の視聴ツイートを。(一部修正)
http://twilog.org/gryphonjapan/asc

快勝の前田吉朗は試合後会見で「今回いい勝ち方した今成選手の挑戦は?」との質問に否定的。そこに来た今成も「戦いません」。で、前田がぶち上げたのが・・・前田・DJ・今成の「ナウリーダー」vs若手の「ニューリーダー」構想。 勝ち上がった選手が挑戦すべき、の意見はあるだろうが悪くない案
posted at 01:04:33


しかし前田吉朗の試合は基本はずれがないが、今回もおもろかった。そして9巻発売のオールラウンダー廻じゃないが(ステマ)、正にオールラウンダー的に戦って勝利。最新の「廻」でも語られた「際を制する力」かな。プラス「封印のプロレス技を出した。出さないと勝てないから」つうケレンもいい(笑)
posted at 01:12:10


途中寝落ちした部分のDEEP録画を見直し、いまさら”オデン野郎”こと中村和裕参戦のことを知っておどろく。引退も示唆していたのだから復帰はうれしいところ。
posted at 01:22:30


チェ・ドゥホvs梅田恒介、試合会場にまったく竹島問題に端を発したナショナリズム摩擦の痕跡が『無い』ことにおどろく。どうでもいいが、今回復帰戦で完勝した21歳の新星ドゥホの、コールのときの変なポーズが印象に残った(笑)。
posted at 01:33:08


DJ.taikiは試合後に「チャンピオンしか見えてない」「誰とやりたいとか一切無い。ベルトがほしい」と言ってるから、さっき前田吉朗がいった「ナウリーダーvsニューリーダー」の構図には入ってくれなそうもないか。

・ニューリーダーとナウリーダーは、30歳の壁でわければ大体妥当か。
主に、20代の選手がトップの30代選手と「いやあ、実際に戦ったら分からんよ」とファンに思わせるというハードルがあるのだが、DEEPではそれをクリアしつつあるな。
 
・オールラウンダーという言葉は、あまりたくsなんは使われていない気がする。試合を実際に見ればやっぱり得意なことには偏りがあるのが普通だから、ということが多いが、比較的前田吉朗はこの「オールラウンダー」という名称で語られることが多い気がする。
 
DJ.taikiが「ベルトしか見えない、ベルトしか欲しくない」と公言し、そのベルトを前田が持っている以上、上にも書いたが残念ながらナウ対ニューの構図は拡がらないような。(今成正和は賛同したのだが)。DJは前田に1勝1分け(2試合目はドローだが、初代の王者決定戦という得意な事情のため合えての優勢が付けられただけ)
 
・個人的要望。これもナウ対ニューではくくれないのだが、佐伯繁さんにはがんばって交渉してもらい、所英男を次の挑戦者にしてほしい。前田吉朗は例の腰痛によるTKO負けがあるのだから、十分所には挑戦の資格があると。てか、中村和裕と交渉してるばあいじゃない(失礼だな)。こっちはお安い?そうか・・・
 
・ということで昨日の映像で始めて知ったが中村和裕の参戦決定はヒットだったなあ。

The wild side of DEEP で、大会総括始まってるわー

http://www.deep2001.com/blog2/