INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

DREAM、今だ終わらず!「人間風車」の笹原圭一コラムが彼らの”五稜郭”だ。…そして・・・

タグに「DREAM」を使うこと自体が久しぶりだ(笑)。ジャスト1カ月ぶり。
その間、DREAMが次回興行や今後の方針について何かを語ったかというときれいに何も無い。
大晦日興行は。ONEFCとの提携は。

では「DREAM後の世界」なんてけしからん特集までしてる。
 
では、DREAMって本当に、なんの活動もしてないの?
否。
これを見よ。Dropkickの公式ブログ「人間風車」内のコラムだ


■コラム:笹原圭一の『月曜日は夢の書評』
http://www.ningenfusha.com/?cid=10

歴史小説、スポーツノンフィクション、裁判傍聴記、純文学・・・そのジャンルは多彩で、文章、構成なども玄人はだしの本格的な書評なのだが、そのひとつひとつより、一番重要なのは、その肩書きがすべて

「(文・DREAMイベントプロデューサー 笹原圭一 @sasaharakeiichi)」
であることだ。

この署名がされるとき、PRIDEの栄光と挫折を受け継ぎ、戦極と堂々たる興行戦争を繰り広げ、日本のメジャー格闘技シーンを5年近く守り続けてきたDREAMは、つまり今尚存在し、活動しているのだ。
タイトルに書いたとおり、”DREAMの五稜郭”と書いたゆえんである。

ではここから一歩進んだ、反転攻勢はあるのか。
それはしらん。

で、おしまい。・・・ではない。

この文才で、回顧録の準備を!!

笹原氏がこれほど文章を書けるのなら、まとめるゴーストライターもいらないだろう。
ひとたび執筆されれば、その「PRIDE/DREAM回想記」は宝島社からでも、晋遊舎からでも出せるのではないか。
時間があれば(あるだろうけど)、いっそいまから自主的に書き進めておいてもらえないだろうか。