INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ジョニー・エースWWE副社長は今、番組の「登場人物」としても活躍しているらしい。

どれほど遅れた話題かしらんが、WWEサムライTVではやらないのでむしろ情報が遮断されちゃってるのだ。週プロも、売ってる店がめっきり減ってね・・・たまに見るときはいつもフミ・サイトーのコラムを読む。で、今週がジョニー・エースの話題だったと。(あっちでの名前は本名のジョニー・XXXXXXXXXXだったが覚えてない。ので以下ジョニーと表記する)

ジョニー・エースWWEの「人事担当」。
・ぶっちゃけ、WWEのタレントにクビを言い渡すのが大きなお仕事だ。
・このとき、ボスのビンスに傷をつけないのが大きなポイント。だから解雇されたスーパースターズは「おれはジョニーの野郎のせいでこうなった!ボスとは良好だったのに!」とか恨む。だが実際のところ、やっぱり解雇はビンスが決定。それに忠実だというkじょと
・生き馬の目を抜くWWEで、そこでも一番ストレスの大きそうな仕事をしてるジョニー。そこに、「登場人物」役が加わった。
・マイクを握ると、その声はガラガラ。これはドクター・デスことスティーブ・ウイリアムスの水平チョップを食らい続けたなごりだ。でもその経歴は、隠されているわけじゃないが注目もされてない。実際にリングでエースクラッシュ!とかはない。
・昔大うけしたビンスvsストーンコールドを踏襲した「経営者vs労働者」の構図はあるけど、もっと複雑な勢力争いが展開されている。そこでジョニーは頑張っている。

・・・といった話。
WWEはぬるい環境じゃない。そこでもう何年だろう?幹部をやり続けている、というだけでいかなるストレスなのやら。なんだかんだと言っても、外資企業の幹部は「明日クビ!」がほんとにある世界だ。
そこでさらに、クビを言い渡す役なんて・・・「マイレージ・マイライフ」のプロレス版だ。

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

マイレージ、マイライフ [Blu-ray]

ストーリー
主人公は、年間322日も出張で飛び回り、企業のリストラ対象者に解雇を通告するプロフェッショナル、いわゆる“リストラ宣告人”──ライアン・ビンガム。
しがらみという煩わしい人生の“荷物”を背負うことなく、夢の目標1,000万マイル達成だけが彼の存在証明。しかし、“心のマイル”は限りなくゼロに近かった……。

■『マイレージ、マイライフ』に関する、町山智浩さんと@my_yoursさんとのやりとり Vol.1
http://togetter.com/li/57310
■同Vol.2
http://togetter.com/li/57566


もちろん、それに見合った栄光も権力も報酬もあるだろう。たぶん、いいおコメ貰ってる(となぜか、プロレス隠語を使う)。
 
そこで頑張っている男が、ビンテージワインやクラシックのベートーベンのように「それ以前、それ以降のものと比べても、歴史的に一番すごいものだった」と個人的には言い切れる90年代の全日本プロレスで、役者不足を常に指摘されつつも頑張ってきた男だったことはなんだか嬉しく、懐かしい。
たぶん、WWEで現役スーパースターと接するときも、「あの副社長はナインティーオールジャパンのトップグループだったらしいぜ…」「えっ?マジ?」みたいな伝説、威厳のもとになっているんじゃないかな(推測)。


同じ時代を生きた小橋が、この前紹介したリンク
http://d.hatena.ne.jp/Dersu/20120319#p1
のような状態になっても、まだリングに立っている。おそらく報酬は何十分の一か……だけどやっぱり、小橋は「レスラー」、ジョニー・エース副社長は、「元レスラーのエグゼクティブ」。
彼は、今の小橋をどう見ているだろうか。