INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

いよいよ今週末がUFC126.KID、小見川にアンデウソン

http://www.wowow.co.jp/sports/ufc/trailer.html

山本“KID”徳郁&小見川道大、日本人ダブル参戦!メインカードはミドル級タイトルマッチ!

山本“KID”徳郁は、修斗K-1、HERO'S、DREAMといった、日本の錚々たる大会で数々の名勝負、伝説を築き、かつては、総合格闘技の軽量級世界最強ともいわれたファイターだ。今回、遂に実現した山本“KID”のUFC参戦。世界最高峰の総合格闘技UFCに新設されたバンタム級で、どんな闘いをみせてくれるのか?その初戦は必見だ!さらに今大会には、もうひとりの日本人選手、小見川道大も参戦する。小見川は07年からUFCに挑戦したが、その時は判定負けによる連敗でチャレンジに失敗。今回、バンタム級と同じくUFCに新設されたフェザー級でリベンジを誓う!
日本人選手の活躍が期待される今大会、メインカードは“絶対王者アンデウソン・シウバ対“天才”ビクトー・ベウフォートのミドル級タイトルマッチ。王者アンデウソン・シウバは、UFC参戦後負け無しの12連勝、06年に王者を獲得してからは7連続王座防衛中という、まさにミドル級の絶対王者。この2つの記録はともに、UFC最高記録として現在も更新され続けている。対戦相手のビクトー・ベウフォートは、97年のUFC12からUFCに出場している古参ファイター。しかし、デビュー当時は19歳の若さで、いきなりヘビー級トーナメントで優勝。その時ついたニックネームがThe Phenom“天才”。約4年7ヶ月ぶりに復帰した09年のUFC103では、リッチ・フランクリンを1ラウンドTKO。UFC復帰を派手な勝利で飾ってみせた。打撃、寝技共に最高級の技術を要するふたり、総合格闘技の醍醐味であるあらゆる局面でのハイレベルな攻防が繰り広げられることは間違いない。お互いブラジル人同士という事で、絶対に譲れない激突必死の一戦だ。