INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

菊田早苗、若き獣に食われる。復活の日はあるか

http://blog.livedoor.jp/kikuta_sanae/archives/52332214.html

負けました。

タックルに行ったとき、首から手にかけ電流が走り、すぐに右手に力が入らなくなってしまいました。すぐの序盤だったので情けないです。
(略)
減量で動きが悪いのではという意見もあったみたいですが、短い試合時間だったので自分では分かりませんでした。

というわけで何かのアクシデントもあったようなのだが、それでもいいところ無く新鋭に敗れた。
新鋭のジャングルやすべぃことヤスベイ榎本(ことってそんな異名は無い)は、だいぶ強かったようなのだが・・・キックボクシング王者兼グラップリング98戦90勝というよくわからん事前の売り込み、

またNEOくまページでの
http://blog.livedoor.jp/neokumapage/archives/50884133.html
という詳細な事前情報にも関わらず、菊田が総合力では上で「吉田秀彦vs石井慧みたいになるんでは?」と懸念していたのは以前書いたとおり。
だが、結果は菊田を打撃で完封して圧勝でした。

うーむ…

ヤスベイはパンチも重かったですが、どれくらいの選手かはちょっと分からないというのが正直な気持ちです。

菊田が言うのもなんだけど(笑)、実際にグラウンドを見せなかったんだから彼が「分からない選手」であることは間違いない。だからこそ、次の試合をまずは組んでもらって、試合を見せてくれと言うことだ。
トーナメントにヤスベイ選手が加わるという話はどうなるのかな。


そして菊田早苗
今回手痛い敗北を喫した以上、やはり仕切りなおしが必要だと思う。それはウエルターでもミドルでも、日本人の若手なり同年代と闘っていくことじゃないかと思うのですが。それはDEEPやパンクラス、ケージフォースなどの場を借りてでも、試合数をこなしていくことじゃないかと。
そういう場で勝率が高ければ、もう一度幻想を見にまとうことができる。

まあグラバカとしては、
福田力に食わせてもらう」
ことも今後可能だと思うんだけど。