INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

『■「はたち超えてんのに、銀英伝をたとえやアナロジーとして持ち出すこと」について。』(NaokiTakahashiの日記)

http://d.hatena.ne.jp/NaokiTakahashi/20091016/p1
単純に、昨日「ストライクフォースは格闘技界のフェザーン自治領だ」と書いて、あまつさえはてなキーワードの説明が物足りなくて増補したその翌日なんで、タイトルが単純に面白かった(笑)
同時に、内容も面白い。つまり要約すると、フィクションにはありがちな


「敵方の思想的な悪を追及しようと思ったら、なかなか悪らしくならないんで思想とは別の悪役属性をくっつけたでござるのまき」


についてです、
これが極端になると、「美味しんぼ」であり、井沢元彦のやっつけポリティカルミステリーであろうか。
まあ「性格や私行にはまったく悪の要素が無いが、思想や公の活動が悪なので倒さねばならない敵役」というのは個人的には好きなタイプだけど、これだけでエンターテインメントを構成するのもまた難しいんだけどね。

ちなみにリンク先で「これは必然性があるしよくできている」という、銀河英雄伝説における「スタジアムの虐殺」ですが、それには賛成しつつ、実はその後のヤン・ウェンリー思想の矛盾をジェシカが突いている、という面白い部分もあると思っている。

過去に別NHで書いたもの。(何度も紹介したけど、それだけ使い勝手がいいのだと自負している)
http://www.tanautsu.net/the-best01_03_01_aa.html