INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「63kgの宮田和幸」は日本最強なのか?宮田がトップ戦線にやってくる日

私はもともと、「このGPに出たい」と宮田がアピールしていたころから出場を支持していたのですが、ごく一部では「宮田なら日本人選手と直接対決すれば、誰にでも勝っちゃうんじゃないか?」的な議論もありました。


それは宮田の技術分析なんかかもいろいろありますけど、一番説得的なのは左の写真(スポナビ)のような減量ぶりです。これで、もし体調を崩さずに一日で体重をリカバーできるなら、多くの外国人選手が日本人に苦杯をなめさせた「体重を大幅にコントロールし、当日は巨大化して体格差、パワー差を生かして闘う」というやり方を宮田もできるだろうな、と思ったからです。


実際のところ、リザーブファイトで勝利するとある意味逆に期待が高まって、2回戦敗退選手よりいい位置についた感はあるし、DJには明確に差をつけて勝利した。


ただ、私がその可能性もあると思っていた「圧倒的な強さを見せつけ、一気に宮田最強説がメディアをにぎわせ、次期挑戦者に浮上する」という事態にはなりませんでした。
DJ.taikiもなんだかんだといって不利な状態から立ちあがる技術をいろいろ備えたファイターではあります。そのせいか「指一本引っかかれば絶対に誰でも倒せる」と豪語するテイクダウンはともかく、その倒した相手をキープして常に上から攻められるかというとそうではなかった。(それで試合自体は面白くなるのだが・・・)
足の付け根を蹴って引き離し、作ったスペースを使った立ち上がるという、見られるようであまり見られない攻防をtaikiに許したし、多くのアマレスラー系選手への敗北へのチケットとなったフロントチョークも危なかった。

そういう点で攻略点というか、宮田から見ればまだ直さなければいけない部分も多いだろうと思う。


ただし、一にも二にも相性というか、グーチョキパーというか。たとえば宮田って、優勝者のビビアーノ・フェルナンデスには非常に相性が悪いと思うが、日本人最強となった高谷裕之と闘ったときはどうだろうか?準決勝、決勝で高谷はおなじみの粘り腰を見せてテイクダウンを防いだが、一方で2回戦の前田吉朗戦ではアレ?という感じで意外に簡単に倒されていた。
あれはオールラウンダーとして打撃も織り交ぜてのテイクダウンだった。宮田はそういうやり方はできないだろうけど、最初に紹介した「指一本かかれば倒せる」というアレが通じるかもしれない。ただ、DJがやったように、高谷は倒されてからも立ち上がるかもしれない。 このへんはどうなるか気になります。
晦日も、高谷は当然オファーが来るだろう。その相手は誰か?
ビビアーノの相手が宮田、高谷の相手がDJ.taikiとかも見たいんだけどな。
「わかりやすい不良vsネジがはずれた危ないヤツ」という対比もあるし、ストライカー系ファイターだから分かりやすい。
要は今回のファザーファイターは、一種の「総当り戦」をやってほしいと思います。