【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

吉田秀彦vs菊田早苗。吉田不利と予想だが楽しみ。&ランバー・ソムデート海外侵略!!

いやあ、菊田早苗の嗅覚と政治力はやっぱりタダモノではない。
吉田秀彦の対戦相手に選ばれる、というのは非常に複雑微妙な駆け引きと相互の研究を経たものだろう。その計算結果が、保身術創始師範・菊田早苗の目の前に聳え立つ、幻想の門を開かしめたと。
体重差、というより契約体重が気になるところだが、もともと菊田は「ミドル級への減量は相当につらい」そうだし、吉田がヘビーというのがそもそも本来は少々無理あるぞって話でもある。
それより、吉田秀彦と寝技師の戦いという点です。
ホイス・グレイシーとの2回の戦い、小川直也ジョシュ・バーネット田村潔司は実際の試合は打撃偏重だし除く)といった面子だが、ホイスとの初戦以外は寝技に「翻弄」されたと言っていいだろう。
 あとは、実は私は菊田の隠れたベストバウトだと思っているvs瀧本がある。
、菊田が終始ポジショニングを展開し、くるくると優位な位置取りを行い、最後に極めきれないことも含めて(笑)面白かった。そして、金メダリストの柔道家だから自動的に寝技もうまいってもんじゃない、ということが証明された。


吉田の場合、菊田も言ってたけど馬鹿力があり、その力によるサブミッションがあるという、だが、スタミナは瀧本誠より無い。
どういうふうになるか、けだし見ものだ。

「アジア最終兵器」ランバー米国見参!

http://news.livedoor.com/article/detail/3907681/

11月20日(木・現地時間)…(略)…パレス・ファイティング・チャンピオンシップ(PFC)は、その名の通りタチパレスホテル&カジノで開かれるMMA大会で、ズッファに買収される以前の WECのような人材育成大会として、確固足る地位を築いている。

メインイベントで、元WEC世界ライトヘビー級王者ダグ・マーシャルがミドル級マッチに出場する今大会には、日本からタクミ、そしてランバー・ソムデートが出場する。

軽量級ファンにとってPFCの魅力は、フライ級の試合をマッチアップしていることが大きい。今回はフライ級王座決定トーナメントの準決勝として、コブラカイの最軽量寝技師ユリシーズ・ゴメスが出場、なんとランバー・ソムデートと対戦する。

ランバーは強すぎで日本追放(笑)・・・かどうかは分からないが、、私が「もう強すぎて、このまま修斗にいたんじゃ人を殺します。だれかオファーしてください」と英語サイトで嘆いたら、「ああ、ちょうど試合が決まるところだよ」と教えられたという経緯があるので非常に興味がある。
もちろん、しょっぱなが「最強の寝技師」となると油断はできない。だが表題にうたったようにこの階級では「全アジア最終兵器」であって、これでだめなら結局どーしようもない。逆にこの試合に勝ってしまえばもうすんなり王座につけるんじゃない。
そういう点では結果が気になる。