INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

やだやだランペイジ、人気者になったら守りに入っちゃったよ。もうヨゴレは嫌だってさ。

結局いいウソが思い浮かばなかったので、真面目に議論を。

http://sadironman.seesaa.net/article/91796007.html

クイントン・“ランペイジ”・ジャクソンが、「俺はフォレスト・グリフィンのことをWeakchin(アゴが弱い)と言ったことも、ヴァンダレイ・シウバのことをChump Murderer(マヌケな殺人者)と言ったこともねーよ」と言っています。グリフィンの件は知りませんが、ヴァンダレイ・シウバの悪口が書かれていたのはランペイジの公式サイトなんですけどね(笑)。

RAMPAGE JACKSON: "I KNOW FORREST GETS KNOCKED OUT AT PRACTICE SOMETIMES"(FIGHTHYPE)

かねがね私は気になっていたのは、もう放送は終わったのかな?TUF(ジ・アルティメット・ファイター)の最新シーズンの両軍コーチが、それぞれ第一期生の出世頭フォレスト・グリフィンと、現王者クイントン・ランペイジ・ジャクソンだということだった。


グリフィンの人気者ぶりはいうまでも無い。何しろ名前がいいし(笑)
それはいいんだけれども、問題はランペイジだ。
これは何度も書いたし、けっこう良くできていて自慢なんだけれども過去ログの要点をまとめます。


ランペイジって男はとにかくべしゃりが巧い。アメリカ人が聞いても感心するぐらいレトリックに富んで、話が面白い。
■だが基本的に、話す内容はけっこう深いんだけどおしなべて表現が下品である。
■アンド、「黒人はまだまだ差別されてるんだよな」という、一部は正論だろうがアメリカメディアから見れば、どう扱うべきか困惑しそうな話題を好んでテーマに絡めて話す。


こんなランペイジが、人気番組の顔役になった。
徹底的なグリフィンの敵役、憎まれ屋なのか。
「過激にして愛嬌あり」の二枚目半なのか。
「怒れる黒人・21世紀のアイコン」として支持されるのか。


格闘技に留まらず、アメリカの現在の社会事情を映すようなものであると思うんだよな。
そもそも未放送なのか放送中なのか、放送が終わってるのかもまだ確認してないが、格闘技雑誌で英語が堪能な人が一気見してレビューをしてもらえるとありがたい。
やっぱりランペイジがコーチなら、これまでのシーズンとは日本の興味も違う。


高島学氏は・・・技術や競技重視だから、こういう黒人感とかメディアの人気とかは邪道ってことで興味ないだろうな。
かつて旧ゴン格にはTUFシーズン1だか2だかのストーリーレビューは載っていたか。
いっそ町山智浩氏に期待したほうがいいかも。



しかし、もともとTUFは本戦たるUFCの宣伝であるのに、日本で放送しないなあ、あのハゲめという話は何度もやったっけ。あいつ「ん?放送してたんじゃなかったっけ??」という無関心ぶりだったからな。日本重視を口では言ってるダナ・ホワイトさんは。