INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

さてただの「ズンドコ」か、裏に陰謀か…どっちでもまずいだろ!

ああ、なんかネタが10も20も浮かぶ(笑)。
そのうち9か19が、公に発表できない(爆笑)。
それに今回は、こんなところでつらつら感想を書くより、先ほど水面下で交換した情報をもとに、株式相場を荒らしたほうが実益になる(笑)。さあ月曜日の東証、あの銘柄とあの銘柄がアレするぞお。


とまた、事情通っぽく書いてみたが、真面目に考察してみると…取りあえずだ、目玉のミルコ・クロコップの相手が決まらず、アングルかマジか相手は「公募」。
トーナメントはさんざん揉めた末に一枠は主催者推薦?

♪ズンズンズンズンズンドコ
ズンズンズンズンズンドコ。
一寸先はハプニング。ンムフフフフ(アントニオ猪木調)。
まったくジョークだ!(ダナ・ホワイト調)


というぐらい、笹原圭一マッチメーカーがしょうもない、ということになるわけですが。もし裏や闇を斟酌せずに、素直にこの情報を受け止めれば、デスヨ?

いやいや、ほんとうにけしくりからぬ反社会勢力の脅しに遭ってマッチメークが難航しているのかもしれない。そのへん、ササヤンが爆弾発言すればメディアも大いに盛り上がったのに。主に社会面が。

とりあえずまとめよう

・これまで、海外メディアには内定段階でも正直に対戦相手や候補のことを話すことで定評のあるミルコ・クロコップが「対戦相手は中尾"KISS"芳広に決まった」と明言したこと。
・しかし蓋を開ければまだ発表無く、みんなに突っ込まれること必至の「対戦相手公募」となったこと。
・本当ならこの時期、どんな相手でも無理やりカードを決めるだろう普通、という状況なこと。
・中尾に技を教えるコーチ的存在で、セコンドにも何度も付いた親しい存在の矢野卓見が、いかにブラックジョークが好きな人とはいえ、公のブログであのような発言をしたこと。

ここから、我々はいろんなことを考えるわけです。


ところで「ズンドコ格付け会社」たるkamipro

携帯サイトでkamiブログを更新しているが、まず「公募ってアングルじゃないか?」という疑念をまず打ち消した上で

入江さんあたりに名乗りを上げられても困るが、ここはやはりプロレスラーに期待したいところ。柴田勝頼あたり名乗りをあげると面白いが・・・・

これは微妙かもしれんが、格闘技的に入江秀忠柴田勝頼ってどっちが格と実績は上だろう?
プロレスラーなら、俺はジャイアント・キマラを推薦したい。
野生の本能ですよ。好物は人肉ですよ。


その他いくつもカードが決まったようだが

どれも語るに足るカードだが、「決まらなかったカード」のほうに語る価値がありすぎるので(笑)後日にならざるを得ないやろ!!