INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

本日格闘技新党(仮題)の記者会見。”WILDBOY”はそこで流れるか…?


http://www.yarennoka.com/news/detail.php?id=1202462180

ここで何がどうなるか、ですが、それとは(現時点で)関係ない話をば。

ミルコ・クロコップ

を、予告している。詳しくは以下の通りだ。

http://sadironman.seesaa.net/article/83663092.html

私はあるニュースをみなさんにお知らせすると本日約束していました。しかし、そのことについて発表できないことを申し訳なく思います。これには、現時点で話すことのできない理由が、いくつかあるからです。しかし、私はできるだけ早く声明を発表することを約束します・・・

まだそうとは決まってないのだが、先走りで「離脱」を報じる海外情報もぼちぼちあるし、それにこのタイミングで新団体発足とミルコの重大発表が重なるのが偶然とも思えんて。

ただ、ミルコをUFCがある程度「足止め」することが契約上できるのか、
或いは2連敗したミルコが日本のジョーク団体(ダナ視点)でエース扱いになれば、それ自体がUFCの権威になる、なんて計算があるのか、
大体離脱→日本復帰だとしても、「戦極」と「新党」にはどうやら溝が確実にありそうだと分かった昨今、藤田和之を戦国が獲得したようにミルコが戦極のほうにいってもおかしくない。
そういえば、五味隆典のエージェントは今井賢一、という情報もあったではないか(そういえばこれ、結局真偽は不明なんだよな。公の場で当人たちが語ったりは、少なくとも今のところは無い)。

てなもんだねで、あとは実際の会見待ち。


ただ、もしミルコが日本に復帰するなら
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080122#p2
下のように自分は分析していたが、違ってたということになる。

・・・ミルコの場合、PRIDEでのメンタリティが変わっていないのなら、UFCの屈辱の二連敗の借りは絶対に返したがるはずで、それをやらずに他団体とあれこれやってもそもそも商品価値が保てないことは分かっているとは思う。つまり何かのオプションがあっても、ミルコがミルコである・・・つまりのあの負けず嫌いさがUFCには有利に働く、んじゃないかなあ。


あ、そうだ。ミルコの重大発表といえば「このまま引退」という可能性もちらと頭を掠めたのだが、情報を既に聞いているっぽい

http://jts.jugem.cc/?eid=180
にて

今、わたしの口からこれ以上言うことはできませんが、
その時がきたら一緒に喜びましょうね!^^

と書いているから引退ではないようデス。



【メモ】
とりあえずいったん終了。続きは朝にUPだが、ちょと風邪気味かも。