INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

シュルトへの次期挑戦者…汝、王の前に跪く光栄を与えてやろう

かこいいタイトルになりました。
悪のボスキャラの台詞っぽいし。

http://gbring.com/sokuho/news/2008_01/0130_k-1_05.htm

・・・スーパーヘビー級王者シュルトへの挑戦者については「どこかから連れて来ないといけない」と頭を悩ましているが、「やりたいという選手はいっぱいいる。レイ・セフォーにはもう1回やって欲しいし、ジェロム・レ・バンナピーター・アーツはもう1回やりたいと言っている。チェ・ホンマンは“やれば勝てる”と言っています」と名前を挙げた

いや、いいけどさって連中だすな。試合の予想的には「油断は大敵ですよ」というぐらいしかない。
というか名前出た4人のうち、3人が2回以上やっているじゃん!というわけで、この中では優先すべきなのはやっぱりチェ・ホンマンでしょう。あの判定の借りもあるし、残りはKO勝ちもしている。それにホンマンは2009年には徴兵があるから、無理しても稼ぐつもりはあるという。


ただ、ほかのジャンルから引っ張るということなら・・・もちろんシュルトhがいきなり総合に戻れないように、総合の選手がいきなりK-1でやったら餌食になってしまう可能性が高い。ハリトーノフなんてのは禁じ手だろうし。

http://gbring.com/sokuho/news/2008_01/0130_k-1_03.htm

浅草キッドが「(人材を)ハントしてるってことですね、ハント」と言うと、谷川EPは「最近出てないサモアの人も警察官の人にも戻ってきて欲しい。二人とも変な所で試合しているでしょう? ダメだと思います。大連立で格闘技界の風通しがよくなってきたので、これもラブコールなんですけど西島洋介選手もK-1をやった方がいい。本人は総合格闘技で1勝したい気持ちが強いが、これもラブコールってことで」と、マーク・ハントミルコ・クロコップK-1復帰、西島洋介K-1初参戦を強く希望した。

ハントはいい試合。復帰して、何試合かして試合勘が戻ったら見てみたい。
そういえばハッスルの参戦見送りはどういうことだったんだろうか?

ただ、今のハントの状態はこんな感じ(笑)


いやあこじつけて紹介したけど、いつ見てもいい絵だ(笑)