INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

一年前に書いたエントリだが、季節モノなので一部補足し、再録しよう

本日は赤穂浪士の討ち入り日。新旧暦の違いはあるが12月14日です。こちらは三波春夫「元禄 名槍譜 俵星玄蕃
http://www.h3.dion.ne.jp/~fukuneko/page2.html


「時に元禄十五年十二月十四日、
江戸の夜風をふるわせて、響くは山鹿流儀の陣太鼓、
しかも一打ち二打ち三流れ、
思わずハッと立ち上がり、耳を澄ませて太鼓を数え
「おう、正しく赤穂浪士の討ち入りじゃ」
助太刀するは此の時ぞ、もしやその中にひるま別れたあのそば屋が居りあわせぬか、名前はなんと今一度、逢うて別れが告げたいものと、けいこ襦袢に身を固めて、段小倉の袴、股立ち高く取り上げし、白綾たたんで後ろ鉢巻眼のつる如く、なげしにかかるは先祖伝来俵弾正鍛えたる九尺の手槍を右の手に、切戸を開けて一足表に出せば、天は幽暗地は凱々たる白雪を蹴立てて行手は松阪町…」


「吉良の屋敷に来てみれば、今、討ち入りは真最中、総大将の内蔵之助。見つけて駆け寄る俵星が、天下無双のこの槍で、お助太刀をば致そうぞ、云われた時に大石は深き御恩はこの通り、厚く御礼を申します。されども此処は此のままに、槍を納めて御引上げ下さるならば有り難し、かかる折りも一人の浪士が雪をけたてて」


サク、サク、
サク、サク、サク、サクー、
『先生』『おうッ、そば屋か』

日本人に刻まれた七五調の呪縛というのは恐ろしいもので、赤穂浪士忠臣蔵なんて知らない、興味ないという人もこの名調子を聞けば間違いなく体温が上がる。


在る意味これこそメタル(意味不明)。
あのクラウザーさんが一番恐れているのはハルオ・ミナミだというのは定説だ。


また在る意味、ストーリーテリングの妙というのは時代を超えて共通。
物語の中盤、主人公のチームを鍛えた儲け役の「老師」「鬼コーチ」役が主人公対ラスボスのクライマックスでちょっと登場。


「おお、ついにやったな、お前ら!!俺も助太刀するぜ」
「いいえ! この敵だけは、僕たちが自分の力で倒さなきゃいけないんです!!」
「フッ・・・相変わらず馬鹿な奴だな。分かった、邪魔する雑魚のほうは引き受けるぜ、はやく魔王を倒して来やがれ!!」

これジャンプでしょ、少年ジャンプ(笑)



赤穂浪士」の検索結果
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%c0%d6%ca%e6%cf%b2%bb%ce

赤穂浪士」のはてなキーワードに追加してみた。

はてなキーワードも結構上位に行くからな。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%d6%ca%e6%cf%b2%bb%ce?kid=40128

今、ちょっと思いつきでここに書き加えた。
文章としては全然洗練されてない(こんな長文に句読点が無い)ので、あとで要修正だが、このへんのことを入れようという基本方針は、まあ間違いじゃないと思うんですがどうでしょう。

追加部分

浅野のいう「遺恨」とは全く具体性や根拠がなく、乱心(精神障害)も疑われるもので吉良はとんだとばっちりであり、法理論的にも浅野が禁止されている殿中での抜刀と傷害を起こし、その罪で将軍家から処刑されたのだから「仇」は吉良ではなく徳川将軍家であり、まったく正当化できない、理不尽な暴力事件を起こした集団に過ぎない・・・、との見方もある。

まあ、別に名分論にいまさらこだわる話でもないし、見方としては今だ少数派でしょうから消されたって別にいいんだけども。


浅野内匠頭
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c0%f5%cc%ee%c6%e2%be%a2%c6%ac?kid=81094
も、

「主君・内匠頭の仇を討つ」
  ↓
『「主君・内匠頭の仇」と彼らが見なしていた吉良を討つ』

と変えてみました。