INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

シティグループの危機? 乱のにおいがするぜ。

http://www.zakzak.co.jp/top/2007_11/t2007111905_all.html
夕刊フジの記事だが、おもしろいぜ

……米国の低所得者向け住宅融資サブプライムローン)問題で巨額損失をこうむった米シティグループ。その先行きを不安視する市場関係者が増えており、「サブプライム問題は端的にいえば、シティの巨額損失をいかに穴埋めするかということに帰結する」(在米金融機関幹部)とまで言われている。金融界では今、日本の金融機関がシティの支援に乗り出すのではとの観測も出ている。

 シティは2007年7〜9月期決算で、サブプライム関連の損失が約65億ドル(約7500億円)発生。さらに11月には、最大110億ドル(約1兆2600億円)もの追加損失が発生する見通しであることを発表、損失は合わせて2兆円規模に達する見込みだ。

 こうした状況を受けてシティの株価は急落し、10月初旬まで40ドル台後半で推移していたものが30ドル台半ば近辺まで下げている。

 「シティの株価が低迷から抜け出すには時間がかかるだろう。というのも、シティのサブプライム関連の損失は現時点で2兆円規模と見込まれているが、米国の金融関係者の間には『実際はその5〜10倍、10兆〜20兆円はあるのではないか』とみる向きもあるからだ。最終的な損失額はいくらなのか。そのあたりがクリアにならなければ、シティへの不安は払拭(ふっしょく)されないだろう」(在米金融機関幹部)


実は私も、世界をまたにかけての金融マネジメントを行っている(笑)から、当然シティ(シティバンク)の顧客でもある。為替操作による利殖も実施している。(ただ、自分がドルにしたりユーロにした時の交換率を忘れていて、今儲かっているのか分からんのだが)
ただ、こういう状況であれば確かに仕方ないですよね。シティ上層部は大混乱になるかもしれんが、わが資産を引き揚げざるを得まい。
やはり資産運用はスイスか。
いや、実際の話、預けたら預けっぱなしでいまどうなっているのやら分からん。
ただ分かっているのはシティバンク預金保護の対象外で、つぶれたら少なくとも日本人の預金はそれまでだってことだす。
ほかに今、外資系の金融機関って何があるのかな。あ、りそなか。


でもアレだな。日本の窮地に陥った金融機関を外資が買うと「ハゲタカだ!」となるが、(リンク先後半にあるように)苦しい外資を日本が支援するとかいう話は「ガラクタを押し付けられる」というイメージになる(笑)。
でもこれは交渉力の差を考えると仕方ないんだろうな。
この前、「久間防衛大臣が商社を外し海外の軍事メーカーと直接交渉で購入しようとした」という報道があった。
この解説が情けなくて「一見、直接交渉はお得のようだが、海外軍事メーカーは海千山千のタフネゴシエーター。商社という交渉のプロを挟んで、やっと対抗できる」
という。まあなあ、外資系を騙せるぐらいの交渉のプロなんて日本には・・・
おや、どこからかバララッパの響きが。