INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

HERO'S韓国大会万華鏡。秋山はじめ、多彩な見方ができます


大会自体はすごく面白かったですよ

秋山成勲勝利で

・・・つまりな、パラレルワールドで「亀田大毅内藤大助に勝っていた世界」に連れてかれてみな(笑)。
そんなあれだ。今回は普通のノーマルな勝利だし、それにデニス・カーンに勝った以上はそれ以上の相手をなかなか連れてくるのも難しいし、FEGにしてみれば「カーンに勝利」の称号だけで十分で、そんなに厳しい相手を当てる必要もない。だからDynamite!でも秋山は勝つ(ような試合カードになる)のだろうが、この際、こうなった以上仕方ないと思いつつ、複雑な思いで見るしかない。

「PRIDE勢力」の不調ぶりはまだ続く

デニス・カーンもおそらく、「PRIDEの強さの象徴」のある部分を担っていたのだろう。
UFC、またCage Rageその他でも実は地味に続く「PRIDE崩れ」の波が、なかなか止まらない。

あ、ユン・ドンシクも「PRIDE勢」なのかな(笑)

…本人が「思い出したくない日々」とゆってるけどな(笑)。でも、ああいう寝技の展開って以前から見たかった。柔道家が柔道を生かして寝技で、固め過ぎることなく、次々と攻めて行く”寝技のラッシュ”を見せる…菊田早苗は「柔道流の寝技」というにはさまざまな技術を取り入れているっぽいし、パウエル・ナツラも時折片鱗を見せたものの、覚醒してからの試合数も少なかった。
センセイ・中井もいうように、タックルはなくても足払いの技術で寝技に持ち込めるようになったのが大きいのでしょう。いま彼何キロだったのかな。秋山と…うーん、プロモーターからすればもうこれ以上、韓国での手ごまをつぶしあう必要はないか。

個性が見えてきた韓国勢

これは中国風姓名のちょっとまずいところだけど、キム・イ・チェなどがあると、名前が覚えにくいというのはすまんある話。漢字表記じゃなくなったからなおさらだ(ちなみに、日本は姓が世界的に見ても「多すぎる」という)。
だが、大川隊長のブログやkamiproコラム、何より師岡さんのブッキングがじわりと効果を表してきて、「柴田の相手?ああこの前美濃輪とバチバチやった、あの・・・」とか「キム・ミンス?ああ、例のね(笑)」という感じで、それぞれの個性がいきづいてきた。
DEEP側にも韓国の超新星キム・ドンヒョンがいるし、この前のアンダーカードでも他の選手がいい試合を見せて解説の郷野が「昔は韓国の選手が相手というと、まあ勝てるだろうという感じだった(君がいうと説得力あるよ(笑))けど、今は全然違う」と舌を巻いていた。チェムベも試合をするつもりはあるらしいし、ぼちぼち本当の意味での「日韓戦」が見られそう。
今回、全試合判定なしで韓国の興行人気はさらに高まりそう。

大山峻護

カーロス・ニュートンが体の絞りのゆるさを見ても、どうも死に物狂いじゃないなあ、と感じるところはあったけれど、それを含めてもいい試合でうれしかった。今のところ、当面の目標は桜庭和志戦(に抜擢されるよう実績を積む)だそうだけど、あと1、2回勝てれば十分ありえるし、頑張ってほしい。
ただ、どんなに激勝しても、目の周りが腫れると、彼の場合は網膜はく離の再発が心配になる。あれもほんとに、生まれつきなりやすい体質というのがあるのかしら。

柴田勝頼美濃輪育久

どっちもこっちも、ああいう路線とキャラクターな以上、こうなってもしょうがない・・・おい、やっぱりよくないだろ、というノリツッコミな感情を抱きました。
いっそのこと、この両者で対戦すればよろし。

Dynamite!とインターバル

「今回、MVPはDynamite!出場だけど、それは文句なく秋山・・・」と谷川貞治さんは言っていた。だが、「それが最後の一匹だとは思えない・・・」ですよ(笑)。
ただ、今回KO負けした人々は・・・ギリギリ二ヶ月の余裕はあります、けれどもそこはメジャーらしく安全性に気をつけて。


K-1アメリカ以外は?進出大成功。

今月号のGONKAKU・・・がうわ、手元にねえ。いつもこれだ。それを呼んだ記憶によるとだ、この前のK-1GP,放送は13%という驚異的視聴率(韓国もケーブル多チャンネルで、13%はすごいのだ)をとった。チェ・ホンマンの試合は占拠率で全世帯の半分だったという。
だからさあ黒字だろう、というのは短絡なのだろうが、とりあえず以前報じられた多額の放映権料を考慮しても、K-1は韓国に着実に浸透・・・そろそろ”確立”したといってもいいような気すらしてきた次第。

あとあれだ、みのもんたの言動に注目

してください。自分は見ないだろうけど