INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

本日K-1香港。清原邦夫Pはスタッフから外れるか?

K-1   8.5 香港大会放送日程 < Gryphon
http://www.fujitv.co.jp/cs/program/7213_080.html
【CS  フジ721】
8/05(日)16:00〜20:50 #4

アジアGPは過去2回行われてきたが、毎回他地区とのレベルの違いを指摘され、その存在意義を問われてきた。しかし、2005年優勝のチェ・ホンマンはその後、圧倒的な体格と生まれ持った格闘センスでK-1のマットに大旋風を巻き起こし、2006年優勝の藤本祐介は、長期政権を築きつつあった武蔵の日本最強の座を奪い、初代ヘビー級のタイトルを懸けて、バダ・ハリと戦うまでになった(結果はKO負け)。しかし格闘技の盛んなヨーロッパ勢より、いまだ見劣りするのは事実。まだその「アジア代表という開幕戦出場枠が必要なのか?」という疑念は払拭しきれていない。

そんな中、強いアジアを示す為、8名の選手が開幕戦出場を懸けてトーナメントを戦う。
今年はインパクトのある戦いが多いので、ただ勝つだけではNO。強い印象を残す事が絶対条件となり、厳しい戦いとなる事は必至。
無論、去年の開幕戦で武蔵が敗れた事により、今年の開幕戦の日本人枠はゼロ。このアジアGPが日本人ファイターにとっても唯一のチャンスとなる。システム上は武蔵、藤本祐介チェ・ホンマンのいずれも開幕戦出場を決めていないので、この3人が出揃う壮絶なトーナメントになる可能性もある。

K-1未踏の地、香港での3度目のアジアGP。
体力や技術をも凌駕する誇りを懸けた精神力の戦いが繰り広げられる。


http://tv.yahoo.co.jp/bin/search?id=86594976&area=tokyo


【地上波】
K−1ワールドGP・2007IN香港  M

(予定対戦カード)「バダ・ハリ×ピーター・グラハム」「ピーター・アーツ×ニコラス・ペタス」「チェ・ホンマン×ゲーリー・グッドリッジ」「武蔵×パク・ヨンス」

8月5日(日) 21:00〜22:49 フジテレビ


さて、ホンマンは度胸と思い切りのある豪腕にはマイティ・モーに対するのと同じように一発KOされるのか、それとも中堅レベルの選手にはきtっちり勝てるリアル・ディールなのか。
実はこの種の選手との対戦機会はあまりなかったので見所です……が、それ以上に。こちらに注目。

7.28付での投稿らしい。

http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/167.html 内の

http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/292.html

○Fジ最大の協力者が異動

貴兄らには、次回のK−1香港大会のテロップに注目してほしい。
試合はみたくない貴兄だろうが、エンドロールなら許せるだろう。
そこに本来あるべき名前がないはずだ。
そう、PのプロデューサーでもあったK原がオランダ大会を最後にはずれている。

これはどういうことかというと、やる度に下がり続ける視聴率に頭を痛めていた
Fジが、てこ入れを要求するようにK原に伝えても、彼は設立当初から付き従って
きた人間だ。
なんだかんだと理由をつけてうやむやにしてしまう。
さらに、浣腸が入獄したのと同時に、警察の資料がネット上に流出してしまった為に
G藤組のフロント企業だとばれてしまった。
こっちからしてみれば何をいまさらなのだが、これが世間では大問題。
まともなスポンサーなら、そこは局に指摘してもおかしくない。
問題になる前にあっさり契約を解除したいのだが、K原はPの時も同じように
イベンターをかばってきたので、ややこしい。
だったら異動させてしまえ、というのが実情のようだ。
ま、縁故採用の人間だからな、これ以上黒い社会とつながられたら首にせざるを
えない。
そうなる前に社員だけは救っておけ、ということだ。
K−1は状況がまずければ切ってしまえということだ。


この「内部告発」は、以前から某所に出ている。
そしてここでも取り上げるように、その後の「事実」と”答え合わせ”をすると、内部の人はどうかはさておき、少なくとも一般人以上の情報を入手できる何者か、ではある。
それについては以前このエントリでも取り上げたね。


ただし、投稿の場所が場所、すなわち某巨大掲示板なんで、仮にこの人を「X」さんとすると、つまり実際にこの前書いたXさんと今度の文章を書いたXさんがイコールで結べるかどうかが確認はできない。
実際、偽者も一回か二回同所に出没した。


だもんで、NHBニュースに投稿しようかと思ったが見送って、とりあえずテロップの有無の確認までまつ。
その後、本当にそうだったら、「内部告発」の中の他の内容についても検証しよう。

皆さんもKプロデューサーの名前に注目。