INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

PRIDE・K-1・修斗・パンクラス・・・・戦士たちが流動化する

けっこう、小さいニュースがあちこちであるのでまとめて

セルゲイ・ハリトーノフvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー

私はこれを聞いて、自分で驚いたんだが、悪いカードを持ってきたら「ああ、DSEは苦しくなってきてるんだな」と思うし、このように素晴らしい試合を組んだら組んだで「ああ、最後にやけくそで、あとにドラマを引っ張ることを考えずに、カードを組んでるんだな」と思ってしまうと(笑)。

でもまあ、いい試合だよ。アレキは巨体が目立つけど、ハリトーノフだって十分巨漢に分類される選手だからね。

パンクラス戦闘竜出場

http://gbring.com/sokuho/news/2006_07/0728_pancrase.htm

パンクラス】8・27 小椋×戦闘竜の力士対決が実現! 2006/07/28

 8月27日(日)神奈川・横浜文化体育館で開催されるパンクラス主催『PANCRASE 2006 BLOW TOUR』の追加対戦カードが発表された。・・・・(略)・・・・パンクラス初参戦の戦闘竜はPRIDEのリングでは5戦1勝4敗と負け越しているものの、筋骨隆々な身体から放たれる大砲のような豪腕パンチは関係者から評価は高い。

PRIDEに何度も上がって”PRIDE色”のついた、しかし実力では一歩及ばぬ選手が、小さい団体のメインやセミに乗り込む「外敵」となるというビジネス・モデルは、超満員が続くDEEPで有効性が明らかになっている。その輪にパンクラスが入れば、ここのところの低調ぶりにも歯止めが掛かるだろう。
強さと言う点では、さすがに戦闘竜、今回は負けないだろう。「常敗軍団」「無勝の戦闘集団」としては、「高田モンスター軍じゃなくて高田ボンクラーズだ」といわれる(俺にだが)高田道場もあるが、これは闘うレベルがきついし。
常敗軍団としてのクオリティはパンクラス玉海力が一歩先んじている。


ちなみに、今日ネオブラでパンクラスIsmの川村亮が優勝したが、相手も相手なので過大な期待は禁物。
大石幸史も、健闘したが完敗というパターン
http://www.pancrase.co.jp/data/result/2006/0606.html


佐々木有生岡見勇信UFC参戦

日本人選手の参戦は何年ぶりだろうか。上の大石幸史以来か。あれは無かったことにしたいな。

【補足】コメント欄より
>日本人UFC参戦
多分大石のちょっと後に国原がペデパノとやったのが最後かと。』

どっちにしても、UFCは今、世界に市場を広げるのではなく、その必要も無い。アメリカに深く深く根を下ろしたいと思っていて、そのために外国人はイケニエとなると仕組みだ。つまり求心力の世界。
そこに呼ばれるというのは、必ずしも勝利を期待されていることではない。だがだからこそ、その相手の期待を裏切ってくれよ。


今成正和vsフレジソン・パイシャオン

パイシャオンは前田吉朗に敗れた試合だけが日本での総合成績だけど、それなりに実績を上げているし、敗れた前田の試合でも、KOされないタフネスぶりは不気味のひとことだった。さすがアマゾン出身のことだけある。
そして、何より前田は屈指のストライカーであるからこそ、相性を生かして闘うことができた。組み技主体の今成が、どうアマゾンの怪人に立ち向かうのか。隠れた必殺技「モンジバカ」が炸裂するか。


郷野聡寛、来年度の「PRIDE武士道カレンダー」に登場

http://blog.livedoor.jp/gono/archives/50576394.html

今日、来年度の武士道カレンダーの撮影にイッて来ました。

来年度の武士道カレンダー!!・・・・・・無駄にならなければいいねえ。