INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あすからジョルジョ・デ・キリコ展(25日まで)

http://www2.daimaru.co.jp/daimaru/hp/pc/museum_schedule_to3.jsp?HP_NO=13806

東京千代田区の大丸ミュージアム東京。

異次元の森へ迷い込む時  巨匠 デ・キリコ

デ・キリコ財団所蔵品より、初出品を含む後期代表作を展観
2005年10月6日(木)→25日(火)

●会期中無休

【入場時間】
午前10時→午後7時30分(午後8時閉場)
※最終日は午後5時まで(午後5時30分閉場)

【入場料<税込>】
一般900円(700円)、大高生700円(500円)

キリコを知ったのはしょーもないきっかけだが、昔ここにも書いた「SF教室」という本の中。SFの一潮流としてF・K・ディックやバラードのシュールリアリズムを紹介する項目で、絵画の中の同様の潮流としてダリとキリコの絵があった。
それがともに、非常に印象深かったんだな。

のちに知ったのだが、このキリコの絵が同じくシュルレアリストであった成田亨氏の、ウルトラマンウルトラ怪獣のデザインにつながったという。なるほど子供時代の自分が興味を持ったはずだ。

キリコは「ギャラリーフェイク」の中で、自分の今のスタイルに束縛されず、大胆に進歩・変貌していく軌跡が紹介されたこともある。