INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

今年上半期の、私的注目格闘家の結果をまとめてみると…

○トラヴィス・マークス  判定 3-0 ●上田将勝
○ジェイク・シールズ 3R 判定 3-0 ●秋山成勲
○ティム・ボーシュ 3R 0分54秒 KO ●岡見勇信
○ヴァウアン・リー 1R 4分29秒 腕ひしぎ十字固め ●山本“KID”徳郁
○クリス・カリアーゾ 3R 判定 3-0 ●水垣偉弥
○ダニエル・ストラウス 判定3-0 ●マルロン・サンドロ
エディ・アルバレス 1R2分14秒 ●青木真也
マイケル・チャンドラー(米国)1R0分56秒 TKO ● 郷野聡寛(日本)
○Ryo 1R1分58秒 腕ひしぎ十字固め ●佐野哲也
ジェシカ・アギラー 判定3-0 ●藤井恵
○ダニエル・コーミエー 3R 判定 3-0 ●ジョシュ・バーネット

太字は特に勝ってほしい、勝つと踏んでいたもの。
こりゃへこむなあ・・・
もちろんこれは描写のトリックというか、「おおっ、勝った!」と大喜びできるような試合もいくつもありましたよ。だけど、それを収支決算というか、差し引きすると、2012年前半は格闘技的には大赤字な状態です
1980年代末から90年代、阪神ファンをいびっていた報いが来たような・・・

こうなってみると、当時の阪神ファンは偉かったよ、と思い至る次第。