INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

KAMINOGEで「元気ですか!!」大特集、青木、北岡、菊野、そして桜庭&柴田……

KAMINOGE 第2号出た。

KAMINOGE [かみのげ] vol.2

KAMINOGE [かみのげ] vol.2

画像はまだ入ってないのだが、ウォリアーズのコスプレした桜庭和志柴田勝頼の写真が表紙でした。
KAMINOGEは第一号も購入したが、まだブログではレビューしてないうちに第二号が出ちゃったな。ひとつ言っておきたいのが、版型がいわゆる、初期の「紙のプロレス」と同じ、というか文芸春秋と同じ大きさになったことをすごく賞賛したい。自分は正直、kamiproやGスピリッツ的な大きい雑誌は、サイズの点では大嫌いなのだ。場所をとって、結局捨てなきゃならなくなる。まあ、サイズの話はまたこんど。


今回、ゴン格は専門雑誌らしく、時差を考えると「同日開催」だったUFCと元気ですか、という特集の仕方だが、KAMINOGEはあっさりUFCは全カット。大晦日に一点集中。その中でも高谷裕之選手は載せてないとこが、雑誌の方向性を示しているような。

青木真也「北岡に『UFC行きたい』という考えが見えたんで、連勝を止めてやろうと」

そんなアレがあったのか。ゴン格では技術論、KAMINOGEでは情念を聴くという分担というのもありだな(笑)

ぶっちゃけ、北岡悟のことは嫌いじゃないですけど、「勝ったらUFCに行きたい」みたいな考えが見えたんですよね。だから「なめんなよ。てめえ」と思って。絶対に俺が闘ったら連勝を止めれると思ってましたからね。それで「北岡とやろうかな」って。だから、ほかにも「UFCに行きたい」とか言ってる連中いますけど、全員俺がやって行かせねぇようにするっていうのもアリですよね。

KAMINOGE2号 P10)

ぶわはははははははは。
「俺が(しがらみで)行けねえんだから、お前も行かせない」か。こりゃいいや。光岡映二が今回代役出場でオクタゴン・ファイターになったけど、即座に次期挑戦者指名だな。
青木真也がここでいうんですよ。
「光岡、もしUFC日本大会で五味に勝ったら、俺と闘え!!時期と会場は……DREAMが決まり次第、発表するのでまたおって(・∀・)/

佐藤大輔氏「ニコ生の視聴者は”なかなかの数字”だった」

佐藤大輔堀江ガンツ氏らの座談会から

佐藤「こっちの運営側からすると、何よりもニコ生(ニコニコ生放送)に対する手ごたえがやたらでかくてさ、希望にあふれた新年を迎えたよね。」
――興行の中身、プラス新たなメディアに対する手ごたえ?
佐藤「うん、超未来あると思った。今年につながった。」
――ニコ生で見た人、多かったんですか?
佐藤「これがなかなかの数字ですよ。通常のスカパー!に加えての数字だから
ガンツ「あの小川直也さんもニコ生で観たって言うしね(笑)」
(略)
佐藤「ニコ動さんも事前プロモーションも含めて「このスポーツでいろいろ仕掛けられるんだ」って楽しんでくれたし。(略)」
(略)
佐藤「そもそもニコ生さんとわれわれは、2008年くらいから公式のビッグイベントをやってきて、「ネットライブ」をともに切り開いてきた仲なんです。だからこの大晦日は満を持して格闘技でネットライブを売った初めてのイベントだったわけ。とりあえず、いいスタートが切れて良かった…(略)」

(同誌31〜34P)

ちなみに菊野克紀

テレビ以外で観るというのはまだまだハードルが高いみたいですから。それでも今回はニコ生で観てくれた地元の人が結構いるみたいです(同誌50P)

といっていたな。

さて、じゃあニコ生の視聴者数って、具体的にはどのくらいの数字なのですか?

ニコニコ動画といったネット系中継のいいところでもあり、悪いところでもあるのは、視聴者数がリアルタイムで、一桁まで出ちゃうところだ。



…さて、実は今、これを書いているときの腹積もりは「どーせ、DREAM運営側はスカパーPPVの視聴者数と同じく、具体的な数字を隠しているんだろう。『あらら、なかなかの数字って不明ですねー。本当になかなかだったのかな?』的な展開でいこう」というものでした。
しかしいま、「ニコ生 元気ですか 視聴者数」で検索したら。

■年末年始のニコニコ生放送公式放送&チャンネル 視聴者数ランキング
http://togetter.com/li/236835
..年末年始(12/28〜1/4)のニコニコ生放送
公式放送&チャンネルの視聴者数をランキングにしてみました。

視聴者数 4位 ネット独占!! 完全生中継!! FieLDS presents FIGHT FOR JAPAN『元気ですか!! 大晦日!! 2011』予約数:8,896 来場者数:442,272 コメ数:415,616


44万2272人!…ちなみに本日見たら数字はさらに上積みされ、「来場数458,663」
これはすごい!!!
と、驚いてもいいのだが、
http://live.nicovideo.jp/watch/lv73709700

晦日、12月31日(土)にさいたまスーパーアリーナで行われる
FieLDS presents FIGHT FOR JAPAN
『元気ですか!! 大晦日!! 2011』
の模様をネット独占!全試合完全生中継します!!

・第1部:無料
・第2部:無料
・第3部:有料(ネットチケット2,000PT)

さあ、45万8600人のうち、どれぐらいが第三部を有料で視聴した人なのだったろうか。
分かる人は、おしえてください。

そして、私のこれは予想、推測なのだが、どう考えてもスカパー・ニコ生のダブル放送は、「スカパー視聴者は変わらず、そこにニコ生が上積みされた」のではなく、「スカパー視聴者をニコ生が侵食した(スカパーPPV購入者は例年より減った)」形になったと思うのだがね。


違うんでしょうか。どうでしょうか。

まあ、どっちにしろ、そこまで手ごたえがあったということだと、2012年のDREAMナンバーシリーズも「ニコ生」中継があるかもね。

「DREAMinニコ生」が定着すれば、スカパーやめちゃう家もある?

かもね。自分はスカパー加入のかなり大きな理由のひとつがPRIDE視聴だった。当時はUFCなんて見られなかったし。
もちろんニコ生では録画がちゃんとできない、サムライTVがある、WOWOWUFCがある、パックインジャーナルがある(いや、終わりか)「銀河英雄伝説」が1年に1回ぐらい放送される、ウルトラシリーズの再放送も…とスカパーのいいところはたくさんあるので、自分は毛頭やめないがね。なんにせよ、視聴者が選択できるのはいいことなんだ。