INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

あまりに無念な、ノゲイラ逆転一本負け。ミアをこのままにしておくな!

この通りである。

今回は、あまりにも惜しすぎる一敗だった。
以前フランク・ミアと打撃戦で敗北した時は、こりゃあ完敗だ、って感じたが、本人は「本当に膝の状態が悪かった。手術でそれは治っていて、もうああいうことはない」とマージャンでいえば「泣きの一回」を要請。
そして、今回はまさに!ボクシングではっきりミアの先手先手をとり、ダウンを奪った。あとはどんどん追撃でパウンドを打っていけば間違いなく勝つ、と思った。
しかしその時、自分はこう思ったことも事実だ。
「さっき弟も、パウンドだけで試合決めちゃったけどなあ・・・。どうせなら柔術マジシャンらしく、最後は弱った相手をずばっと極めてくれればいいのに」
そしたら本当に、それをやってしまった。今はこう呼ぶ人も少なくなった、スピニングチョークというかアナコンダ
外れたのはやや甘いチョークの場合仕方ない、だったが、そこからボブ・サップ戦などで見せたなつかしのスイッチムーブ。そしてバックを取る。
だが、そこからのミアの寝技の切り返し……。TVで高阪剛と高柳アナは試合前、「最近ヘビー級での高度な寝技戦が見られないとお嘆きのファンもいるでしょう。この2人なら、それが見られるかもしれません!」と煽っていたが、確かにそのあおりに、こっちはうんうんと頷いたよ。だが実際に高度な寝技戦を見たら、俺は「高度な寝技合戦で、最後にノゲイラが勝つのを見たかったんだ」と分かった(笑)。

フランク・ミアのタマをとれ!!誰が?


ミアというのもなんか私の世代?的にはむかしクートゥア、シルビア、ミアらでヘビーの試合を回し「底の浅いプール」とかと言われた時代のイメージがけっこうあったりもするんだが、現実にミルコ、ノゲイラに完勝した以上はそれを認めて、ミアをどーにかしてやりたい。
なんかタイトル挑戦が回ってくる流れだ、なんだという話もあるが、やはり日本、PRIDEに関わっている選手に倒してほしい。もう仇敵認定ですよ。
そこで…
アリスター・オーフレイム!
ファブリシオ・ヴェヴドゥム
ジョシュ・バーネット
セルゲイ・ハリトーノフ
エメリヤーエンコ・ヒョードル
ボブ・サップ
らに、名乗りをあげてほしいと思った。
ちょっと出オチも入ってます。


まあ、もしタイトル挑戦ならノゲイラの直弟子ジュニオール・ドス・サントスと闘うのだから直接的な敵討ちマッチである。そのほか「ミアがアリスターと闘う」どころか、「ミアがアリスターの代わりに」闘うという噂が流れるありさまだ。
http://sadironman.seesaa.net/article/239914704.html

http://twitter.com/#!/JoshGrossESPN/status/145732308027183105

ほかの選手も、ノゲイラの敵討ち、というイメージじゃあないな。だけどそれ抜きにしても、ファブリシオやジョシュのほうが、いまのカーウィン、ケイン、サントスら新世代より、ミアとはかみ合うんじゃないか…と思いました。

UFC140の感想は、今回はこの1試合に集中する。