INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

It's SHOWTIME・K-1紛争…そのウラに見えた、日本格闘メディアの攻防と興亡

It's SHOWTIME Japan とK-1の間のどたばた、ごたごたは何とか収拾しそうな感じで。ある意味、「イッツ・ショータイム」の看板に偽り無し!!と個人的には思ったりしないでも無いですが、人は争うのではなくお互いに愛さないとね(適当)。



そういや、はじめに谷川貞治さんが、何かの発表の記者会見をした際(何の発表だっけ?もう忘れてる)に、こう言ったわけじゃないですか。

https://twitter.com/GONG_KAKUTOGI/status/73607995354923008

「ルッツとはやりとりしているが、ジャパンは何も聞いていない。こちらに断りなく直接声をかけたりしている。付き合うつもりもないし、出た選手を使うつもりもない」(谷川氏)

私は、他の記者会見の内容はさておいて、もっともニュース価値がある内容はここであると判断、こうやって特にピックアップした。
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52178989.html
もちろん英語でもごく簡単な趣旨は、twitter上でわたくしのフォロワーにお伝えした。
その後の経緯を見れば、このニュース価値の判断はまことに妥当であった、と言わざるを得ない。
さて、以上は前ふり。


今回、なんか大活躍したのがなつかしのバウレビでした。
http://www.boutreview.com/2/news/itsshowtime/
なんといっても、谷川貞治氏の売った喧嘩を上等だと買ったSHOWTIMEが声明を発表後、「2011-05-28 (土) 00:51」には声明発表を報じる記事を、全文和訳つきで載せています。
ちなみにスポナビは「スポーツナビ 2011年5月28日 17:34」に掲載。
kamipro move」と「格闘王国」は記事が載らなんだ。
このへんの価値判断が、それぞれだねー。
ちなみにNHBニュース(というか小生の投稿)は
http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52179431.html
にある通り、和訳なし、リンクのみで28日12:38の投稿でしたよん。
まあシロートのアレとしては、なかなか早いほうではないかね、ん?

で、投稿の裏話をすると、実は和訳もあそこに投稿しようと思えばできたんですよね。だって、実はSHOWTIMEってあの時、英語の声明をHPにただ掲載しただけじゃない、カネとタイコでこの発表があったよー、というアナウンスをしていたのだからね。んで、日本語訳も一緒についていた(笑)。
 
ただ、僕の目に触れたその訳は、だれが訳したのか分からないバージョンでして…その後、バウレビサイトを見て「ああ、遠藤文康さんか!!そのお名前、格通以来だなあ、懐かしい」とね(笑)。
そもそもバウレビスポナビに同一人物の訳文が載っているのが本来おかしいっしょ。つまり、出す側のSHOWTIMEの側から、この問題に関しては日本語をつけて自分たちの意見、スタンスを広く日本に取り上げてもらおうという・・・簡単なようだが、けっこう気合を入れないとこうはできまへん。
 
UFCが日本語サイトを作ったもののすぐ閉鎖、いまはモバイルに縮小したりとかもあったね。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/ufc/index.html
 

で、実際のところ、各格闘技メディアにも広くSHOWTIMEは「声明を発表したよーー。エンドーの翻訳までおまけにつけちゃうよー。自由に使ってねー」という感じで、少なくとも最初のリリースは出したんじゃないかと。

そして、それを真っ先に出したサイト、ややあとで出したサイト、黙殺したサイト・・・といろいろあるわけですけど、その「意図」と「能力」についてあれこれ想像するとおもしろいなー、と思うわけですよ(笑)。
「XXXはそもそもリリースがいかなかったんだろうなあ」
「XXXは正式なリリース前に知ってたのかもな。つうか当事者っぽい」
「XXXはリリースが来てもしがらみで黙殺したんだろうなあ」

別に妄想なので、実名はいれません。
ま、格闘技をみる、新たな楽しみかたのひとつと捉えていただければ幸いです。


(なんか奥歯にものの挟まった書き方になったが、ちょっとぼかす必要がありますのでご了承ください)


こんなおもしろいSHOWTIMEのプレスリリースが欲しいものだ。

以前、

■「商業ニュースサイト」と「個人のニュースブログ」の差って、今や公式リリースが来るかどうか程度の違いでは?(仮説)&「ナタリー論」
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20091118#p3

って記事を書いた。
はたしてIT'sSHOWTIMEのオフィスに、俺様が「プレスリリース送ってくれよ」と言ったらどうなるでしょう?
そういう要望のメール(英語)を書いてみたらすっごくデタラメな文章になった(笑)。でもまあトライして見ましょう。その結果は。