【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

フェザー級、全試合キャッチウェイト戦に。ウェルターも

NHBニュース( http://blog.livedoor.jp/nhbnews/ )とダブルポストです

【 DREAM 】 D14 のフェザー級試合、大半はキャッチウェイトに。今後も同様の方針 < Gryphon
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20100528#1275026004
「・・・フェザー級の契約体重が全員バラバラ。ウェルター級もなぜか76.6kgに。」

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20100528-00000012-spnavi-fight.html
(笹原氏)
フェザー級の試合はほとんどキャッチウェイト(契約体重戦)になっています。本当は65キロと61キロでフェザー級バンタム級という風に分けるべきなんでしょうが、今後も普段はキャッチでやってチャンピオンシップは63キロでやるという形がしばらく続くと思います。」

この前斉藤直人リングドクターが「ドーピング以上に減量は健康に悪影響。それを止めさせるためには、細かく階級わけをしていくしかない」とした。

ほとんどの試合をキャッチウェイトにするというのは、言い換えれば「究極の階級細分化」と言えば言える・・・かも。これでむちゃくちゃな減量は無くなる・・・かも。でもなぁ、うーん。

これをやっていくことで、60kgぐらいの「バンタム級」がおのずと生まれていく、という期待の声も聞こえる。
でも、いつこのキャッチウェイトが決まったんだろう。唯一減量失敗したキコ・ロペス、あなたももう少し上のキャッチウェイトを希望するべきだったかも。