【トンガ噴火お見舞】INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

「叛旗を掲げ、王の下に集え!」・・・セーム・シュルト王のレコンキスタに参加せよ

昨日の続きですが、K-1を愛する諸君がネットで尊き一票を投じた結果は、いまんとこ次の通り。
http://www.k-1.co.jp/jp/poll/vote.php?vote_id=91&vote_question_id=5&mode=view

しかしながら、正直いって「むしろ、ワクワクしている」(高田延彦調)である自分がいます。
この地は2005年ですか、セーム・シュルトが欧州予選から勝ち抜いてGPを初制覇したときから、少数派・・・というか唯一?(笑)のシュルト応援ブログでありました。
しかしその後、前人未到の3連覇を達成し、スーパーヘビー級王者にもなった軌跡の中で、既に彼は確固とした地位を築き、ピープルズ・チャンプにもなっているだろうと思ったのでしたが。

しかし、この結果が、ファンの「冷静な予想」であろうが、「応援の意味をこめた心情」であろうが、取りあえずなんというのかな、自分の内なる「野党魂」が盛り上がってきたというか。
われわれが大将に抱くは紛れもない正統の系譜に立つ王だ(なにしろスーパーヘビー級初代王者の地位は変わっていない)。だが、その旗に集まる兵隊の数はここまで少ない(7%)。味方は少なく敵多し。
だが、それが楽しい。
われわれはまさに、タイトルに記したとおり、
「王の下の叛乱軍」なのだ。光武帝後醍醐天皇か、はたまたアルスラーンか。

思い出されよ2005年。アリスターのような派手さはないが「外敵」性もあったシュルトは今以上にK-1ファンから受け入れられていなかった(今以上って相当だろオイ。)つまり多くの人が勝ってほしくないと思っていた。
そこを勝っていく、これぞ男子の本懐。
われらはこれより、首都へ向かって進撃する。王の下に、叛旗を掲げよ!!