INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

VTJ2009のカードがなかなか決まらん。集客は好調だが最後はどうなるのか

(※【付記】午前中に書いたものです。本日、五味の相手その他が発表されたのはスポナビ記事の通りで、TB送信と入れ違いになりました)


当初発表されたときは、それこそ戦極やDREAMのイベントに匹敵するような注目を集める、一大興行になるかと思ったのだが、肝心のカードが決まらないんではどもならんがな。

修斗に対して大きな理解のある高島学氏はかつて、コラムでUFCアメリカ格闘技と日本の競技性で一番大きな差はマッチメークの決定時期だ、として、準備期間や相手の研究時間なしで闘うのではいいイベントにならない、と一刀両断した。
http://www.fnlweb.com/column/の、いつのころかな。昨年ぐらいだったかも)だが、そういう中で「修斗といえば競技、競技といえば修斗」というその修斗が、別物とはいえVTJでこれだけカード編成が難航しているとなると、やはり理想と現実は一致しないものだね、ということになるのか。


しかし、期待の高さは並大抵じゃない。
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0942805
みよっ、もうチケットぴあ割り当ての予定枚数は終了しているがな。
この期待に見合うカード、だせんのか?どうよ?
私は今のところ、PPVを買うか買わないかはじっくりカード発表待ち。

五味隆典の相手候補?アントニオ・マッキー。「俺はつまらん!!だけどすごく強い! BJペンより!」と自称する人。

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-642.html

・・・あいにく、私のファイトスタイルは多くのファンが好んで見るようなものではない。
私のレスリングはとても優れている。いまのMMA選手の中で、私ほどのスキルを持った選手は存在しない。

どうもMMAはスポーツから離れてエンターテインメントに向かっているようだ。私はファイターであることに誇りを持っているので、人を楽しませようとは必ずしも思わない。私は勝つためにやっている。
(略)
個人的にはファンのことは気にしていない。これはスポーツであって、エンターテインメントではない。(後略、この後「ペンにも勝てる」が続く)


ぼくはどこかで勘違いしているのかもしれないが、この記事を読んで「ああ、じゃあ修斗向きだね」と思いましたですよ。
ついでに「どれぐらいつまらないのか、見てみたいなあ!!」という、そんな気にうっかりさせられてしまいました。
ナイスプロモーションと申せましょう。
さて五味隆典との対戦はあるのかどうか。

よく考えれば、今週末に発表したって10日以上の準備期間があるんだからまったく余裕ですよ(DREAM基準)。