INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

見たかWEC!敗れはしたが水垣偉弥の強さを!そして次なる刺客、菊野克紀の三日月蹴りがUSAを襲う!(妄想)

というわけで、次の格闘秘宝館のメーンイベントは、この映像で。頼むよほんま。WECの映像はなかなか見つからんし、画像荒いし。
まあそれはともかく、

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-479.html

http://omasuki.blog122.fc2.com/blog-entry-480.html

と、バンタム絶対王者ミゲール・トーレスとすんごい試合をしたということで前田吉朗に続き、敗れたものの好評価を得た水垣。名勝負の末判定ということは名勝負の末TKO負けした前田より上につけたのか、ということにもなるが、まあ名勝負とはいえタイプはいろいろあるしだ。田村も星を五分に戻して一勝一敗。
以前、WECに日本人が本格的に行くようになってから、わしがマネジャーでもオーナーでもないのにこれからWECで戦う日本選手を勝手に配下ののモンスター軍扱いしてだな(笑)、グリフォン総帥が「わはは、このモンスターTAKAYA、MAEDA、TAMURAらによってWECの連中をね・こ・そ・ぎ潰してやるわい!」と英語版ブログで期待感をあおっていたことは以前書いた。
そしたらどうにも勝ち星があがらず、モンスター軍総帥というよりドクロベーみたいな立場になってしまったのだが(笑)、こっからですよ!!
水垣も幸か不幸か、WEC常連になることは間違い無さそうだし。

そこでだ、次なるWECへの刺客が、
http://www.kamipro.com/news/?id=1239191031
菊野克紀ですよ。書いていて70kgの階級ってUFCか、といま気づいたけどまあいいや続行。
前回の試合のとき、残虐なフィニッシュの光景を見て「そこだけ『空手バカ一代』じゃなくて『カラテ地獄変』」と書いたが、本人と周囲も開き直って「人間凶器」をば自称!!

…師匠の高阪剛も愛弟子の実力をべた褒め。「(菊野)克紀には物騒な必殺技がある。いままでの試合では足カセをつけていましたけど、今回は解き放ちますよ。相手の松本くんが心配ですね。本当に危ないですよ。ケガするぐらいならいいですけど、選手生命を奪ってしまう恐れがありますね」と、淡々と菊野の“人間凶器”ぶりを表現。菊野自身も「50パーセントも出せれば、相手がかわいそう。アバラかアゴか、どっちかがいっちゃうでしょうね」と豪語…

アバラか?
アゴか?
好きなほうを選べい、って、こわカッコいい。
DEEP王座をとって、満を持して師匠の夢でもあったアメリカ制覇に乗り出す…という寸法よ。
おれの妄想の中で。


いや、そういうわけでオリエンタル風味満点のクレッセント・キックの恐怖を、いま海外に撒き散らしているわけ。
YOUTUBEのおかげで宣伝材料に不足は無い。
「キクノについて何のコンタクトも取っていないとしたら、ジョー・シルバAIGの経営者より無能だ」とか名指ししてな(シルバとTKはお互いメールをやり取りしている友人であることは周知の事実)。

本人やTKの意向は無視(笑)。まあわたしが書いても何の影響力もない。本人は「三日月蹴りは五味隆典青木真也を倒すために身に着けた技」「もう心の中では何十回と戦い、何十回と倒している」と、分かってるやないか!といいたくなるような煽り台詞を語っているので、やっぱり国内メジャー志向なのだろうし、DEEPと佐伯繁さんへの義理もあるだろうから心配はいらんでしょう。
将来的には、TKは海外にアレルギーはないわけだから、可能性はあると思うけど、むしろこちらから「WECやUFCで闘いたい!」というんじゃなく、あっちからロレンゾが来てオファーするぐらいになってほしいよね。


日本メジャーでやるとしたら、「vs五味」vs「青木」と両方の名前が出ているというと、「どっち?」ということも気になるけどね。

ああ、とはいえ決勝で松本晃市郎が勝つ可能性も当然あるけど、でもその個性と準決勝までの強さで充分メジャー出場資格ありですよね。

相手を地獄に叩き落とす「クレッセント・キック」は、オールラウンダー廻くんのライバルの得意技でもある。