INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

柔道のNHKスペシャルは面白かった。7日深夜に再放送もある

5月7日(水)深夜【8日午前】
0時55分〜1時45分
「JUDOを学べ〜日本柔道 金メダルへの苦闘〜」
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080505.html

今年2月、鈴木桂治井上康生ら日本柔道を代表する選手たちが過酷な戦いに挑んでいた。それはヨーロッパを転戦し開かれた柔道大会・サーキットへの参戦だ。

フランスの柔道登録人口は日本の3倍、60万人。ドイツ35万人。世界最大の競技圏を形成するヨーロッパには、これまでの柔道とは異なる技やルールの解釈が存在している。レスリングや民族格闘技の技術をベースに、柔道着をほとんどつかまずタックルや反り投げを狙うスタイルは「ジャケット・レスリング」とすら呼ばれる。日本が考える柔道ではない世界基準“JUDO”。それを体で覚えない限り、北京五輪での「金」はないという判断が、この武者修行を決断させたのだ。

番組は、北京五輪代表選考にも大きな影響を与えた「サーキット」に密着。“JUDO”の姿を伝えると共に、北京五輪どん底からの復活を図る日本柔道の姿を追った。


仕事の疲れがあって(毎日書きながらなんだが、実は連休中は本日までほとんどが仕事もあった)途中で寝てしまったのだが、いや途中まででも、「世界のプロレス」ならぬ世界のJUDOの楽しいこと。
同じギを来て、二人の人間が組み合うシンプルな競技なのに、かくもバリエーションが生まれ、かくもお国柄が出るとは。
それに、一本を取る日本柔道というてたが、・・・なんだったかな?どこかの国で開発された奇妙な名称の技、実際にそれで一本とっているじゃん。僕が選手だったらこういう、日本柔道からみて邪道なわざを沢山知りたいし、身につけたいです。基本をおろそかにしてでも。





本日深夜も、NHKスペシャル水道橋博士も絶賛の「ミラクルボディ」再放送。
http://blog.livedoor.jp/s_hakase/archives/50553956.html

HDDチェック。
NHKスペシャル
「ミラクルボディー(3)ハイジャンプ 翼なき"天才"」
このシリーズ、最高!

本日の再放送は反応速度の話で、二刀流も含め剣道が登場する。
5月6日(火)深夜【7日午前】
0時55分〜1時45分

二刀流については、このブログでもなんどか書いた。
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/searchdiary?word=%c6%f3%c5%e1%ce%ae

を参照のこと。