INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「善光寺・聖火出発場辞退」は思想的大問題。「安全の不安」か「チベット問題に抗議」かで180度違う。では両方だったら?

今、googleニュースで「善光寺」を検索して探しているんだが、要は記事になると坊主どもの会見が断片的にしか伝わらないので困っている。(「善光寺」のニュース結果
だから最初から最後までの記者会見動画ってどっかに必要なんだと、再三再四の議論をまたしたいところだがそれはおいておく。
どこかで動画なり文字起こしで会見の全発言が分かったら教えてください。


それでですね、
今探した範囲では
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080418/crm0804181337011-n1.htm

チベットで無差別な殺人が行われた。チベットの仏教者が立ち上がり、それに対する弾圧が行われ、憂慮していた」。北京五輪聖火リレー出発地辞退を長野市に伝えた善光寺の若麻績信昭寺務総長は18日、市役所で会見し、チベット暴動をめぐる仏教者への弾圧が大きな理由であることを明らかにした。


とまあ、御坊の一人が「無差別殺人」「立ち上がった仏教者への弾圧」とまで踏み込んでいるのだが、最初、昼ごろ見たニュースだと「安全上、自信がもてない」ゆえの事態と報じられていたのだよ。


さて個人的には善光寺聖火リレーの出発点になるべきかならないべきかといえば、絶対に後者にすべきだと思っていたので、うえで寺務総長が言ったことが理由なら、諸手を挙げて歓迎。いやいや坊主もたまには世のため人のためになるものよ、功徳をお積みになられた、と拍手したいのだが。
ていうか「ぱわーとぅーざぴーぽー」であり「うぃーしゃるおーばーかむ」であり「ともよーよあけまーでの やーみーのなかでーともよー たたかいーのほのおーをもやせ」である。そういう60年代だか70年代系の、ぼくら市民の力で、社会を動かせました!ないい話になるだけなのだが。

だが
だが。

もし「安全が心配」のためというのも理由だとしたらどうなるのだろう?
もちろん、結構このブログでも触れ続けている「映画『靖国』上映中止問題」を傍らに眺めつつである。
もちろん、右翼の妨害の一部?は、以前書いたように意図的に拡声器付き車両を使った「騒音」を「兵器」にして攻撃するし、または暗示的か明示的かはしらねど暴力をちらつかせて要求することもあり得る。(それが全体の何%なのかはデータが無い、というか錯綜しているが)


中国のチベット弾圧、およびその中国の五輪・五輪協力への抗議はどれだけの部分が非暴力的で、どれだけの部分が脅迫的か、これもちょっと不明だが、もし善光寺
「抗議活動によって『安全への不安』を持ったために中止」

というのが理由のひとつでもあったとしたら。
要は「安全面が不安だったから『靖国』の上映を中止した映画館(もしくは日教組の集会を拒否したホテル)と何が違う?」といわれた時、答える言葉に悩む。ホテルとの違いは、仮処分申請の有無とかに持ってくしかないかもしれない。



そして、ひょっとしたら恐ろしいことが事実なのかもしれない。


「抗議される側は、その抗議が暴力的だろうと非暴力的だろうと、ある程度の抗議が寄せられると予想したら『不安・恐怖』を感じてしまうものなのだ」


と。だとしたらだ。
どーしましょう?


あとは普通にみんな考えてもわかるでしょうけど、項目を立てておくか



ア:「抗議は自由の象徴。平和的抗議はいつでもどこでもどんどんやるべきで、P抗議に対して安全確保できないとビビるならそれは会場側の責任」


イ:「平和的抗議でも、相手が物理的な危険や不安を感じた結果、やろうとしたことをやめるのは不適切。そういう行動を(過剰に)してはいけない」


ここから先に枝分かれさせることもいくつかの点で可能だろうが、ざっくりと。