INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

北から「解放軍」がやって来た?PRIDEを継ぐは夫れM-1か…

一つの妖怪がヨーロッパにあらわれている、――M-1の妖怪が。旧格闘技のあらゆる権力が、この妖怪にたいする神聖な討伐の同盟をむすんでいる。ロレンゾとホワイト、フィッシュマンと谷川、亀田一家とTBSも。
 およそPRIDE派で、その政敵たるUFC一派から、ジョークだといってののしられなかったものがどこか、およそUFC派で、より進歩的なWVR派にたいしても、また反動的なDEEP派にたいしても、「ヒョードルを引き抜いた銭ゲバ」という烙印をおす非難をなげかえさなかったものがどこにあるか?
 この事実から二つのことがあきらかになる。
 M-1は、すでに格闘技のあらゆる権力から、一つの力としてみとめられている。
 M-1がその見解、その目的、その傾向を全世界のまえに公表して、団体自身の宣言を対置すべき時が、すでにきている。


・・・と、ロシアが元だからといって、http://redmole.m78.com/bunko/kisobunken/sengen1.htmlのパロをやるというのも、さすがに時代錯誤というやつである。
でも、報道によれば君、「M-1はPRIDEルールを採用する」というじゃないか(http://blog.goo.ne.jp/hiroshi_nielsen/e/5ea14d076838453736e12727b768da02)。
そしてヒョードルを獲得したとなれば「これこそPRIDEの後継者!」という気になってもおかしくないでしょ。いやこれだけでそう決めちゃうのもあれですが、少なくとも資金は豊富のようだし。ヒョードルの相手がいないんじゃ?という話に関しても、ジェフ・モンソンはこの前のbodogでも噂に上ったからいいとして、そこにやっぱりジョシュ・バーネットがいるとかいないとかと聞けばますます期待したくなる。
テレビ局だって、ジャパニーズ・ヤクザはまずくても、ロシアン・マフィアは誰が誰かわからないし、大丈夫だろう(笑)