INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

ダナ「UFCはPRIDEを全て手に入れた」。…じゃあ”新PRIDE”残りで作れるね

http://gameandmma.blog29.fc2.com/blog-entry-809.html

・プライドを葬り去る事は一番やりたくないが、物事を整理するのに時間がかかる。
・一連の出来事が原因で、日本でプライドの名前はあまり価値のないものとなった。事務所を借りれるのもラッキーな位だ。

・プライドの選手は全員手に入れた。

とのたまうのは、お馴染み人間のわるいこころと公害が生んだ妖怪ダナ・ホワイト
お前はダナ・ホワイトではなくダナ・ブラックと改名せーい!!
と某列伝の力道山だったら言い放つところですが、ブラックなのはPRIDEの背後でしょ、と言われたらどうするかと(笑)。

ああ、オチがきれいにきまったのでここで終わらせてもいいのだが。


にしても、ダナさんはとってもグルメで、中トロのいちばんいいところを取ったら残りの部分は捨てますよ、というようなグリーンピースを怒らせるぜいたくぶりだ。
これは当たり前だが、「立って半畳寝て一畳、天下とっても四畳半」と同じノリで、格闘技というのは「天下とっても40人」なんだよな。
どんな鉄人でも試合は二ヶ月間隔がせいぜいで、UFCは今の大人気で月一回やれるからAグループ、Bグループに仮にするとして、それで超豪華盛りだくさんに10試合組んでも20人、かける2で40人だ。


「誰もジョシュ・バーネットに興味なんかないよ。特に俺はね。」
デニス・カーンはプライドの大スターではない」
「ソクジュはまだ数戦勝っただけだ」


とかいうのはダナの立場からよしとしよう。
じゃあ、あぶれた組は・・・いまはK-1やPROエリートが吸収しちゃっている。これはこれでいいのだが、
UFC引き抜かれ組とHERO'S避難組は取り合えずあきらめて、残りで『PRIDEの実質的後継者』をつくればよろしい」という動きはそれなりにあるだろう。つうかあってほしいね。


その動きが遅すぎるから、それなりのコマがHERO'Sに移っちゃったんだよ、という話もあるのだが、それはともかくとして、これまでこのブログでも拾っていた伏線をぜんぶつなげて、超楽観的な「グリフォン小説」を書いてみよう。


「例の「ネタ祭り」がそれなりに大きな意味があるんですよ!! 言うちゃわるいけどアンタ!!」
  ドンッ!!
…文体は元に戻しますね。
以前も書いたように、つまりネタ祭りは、対決コンビの勝ち負けや視聴率はともかく(笑)、一番重要なのは「PRIDE風演出」自体は、やりようによっては他に持っていくこともできる、ということの証明だったからだ。
GONKAKU再引用。

−−(略)いろいろな選手がHERO'Sに来るんでしょうけど、僕は一番PRIDEから引っ張るべきは「佐藤大輔」じゃないかと思うんですよ。

「ああ、もちろん。もう声は掛けてますよ(アッサリ)」

−−やっぱりそうですか。


そうだ、はっきり言ってパンクラス佐藤光留竹内出が闘ったって、それを佐藤大輔立木文彦が演出で煽り映像を作れば一気にメジャー感が…メジャー感が……出るかなあ(笑)。これは例が悪かったが(笑)。ま、でも大半はメジャー感でるでしょ。UFCの「やつをノックアウトしてやるぜ」としゃべるだけで、ぱーぱーぱー、ぱーぷーぷー、のあの音楽で入場してもPRIDEっぽくないし。(入場曲はもう個々になっているっけ)。


さて。じゃじゃーん。
http://d.hatena.ne.jp/lutalivre/20070831#1188560930
から孫引き。

次にテレビ放映について「今年中の大会で民放さんと話が進んでいて、クリアになりそうな感じがあり、早ければ10月中旬にも発表します。まずはひとつの大会なんですが、DEEPのスペシャルマッチ的な大会で話を進めています」と、地上波進出が決まりつつあることも発表。

そしてこれと繋げてみましょう、あえて。

こうなるとPRIDE武士道が無いのが惜しまれるが、代わりに「DEEP武士道」が開かれるという真偽不明の噂もあるし

(※【【PRIDE】スタッフがDEEP武士道(仮)を開催!? 】
http://blog.livedoor.jp/c_newton/archives/51025879.html )、


というのが超楽観的なアレでした。
こうやって生まれたPRIDEが、後世の歴史家のいう
「PRIDE正統政府」である・
・・・・・・・・・・・・銀英伝ネタは週一回で。




ただ、最後にネガティブなことを並べておこうか。


■近頃はやりの”身体検査”にDEEPは通るのでしょうか?
TV局は最近不祥事続きで萎縮もあり、以前のPRIDEみたいな形があったらまたコケるかもしれない。まあ業界内でも「PRIDEだけは、アレとの関係も別格なんだ」みたいな話があったから大丈夫かな。
だが新PRIDE、UFCの系列じゃない形での独立PRIDEの中心になっているのがK元?専務だというじゃありまへんか。失礼ながら、この人の身体検査ってアレ、大丈夫なんでしょうか。
大きなお世話ですか。


■ダナの性、悪なり。
以前、UFCのインタビューでこんなやり取りがあった。
「ジョシュがネットで『自分はPRIDEとの契約を解除し、フリーになった』と言ってますが」
「ほう、我々の弁護士は違う意見だろうけどね」

そう、もともと嫌がらせのために、PRIDEで自分が得をしなくても、だれかが得するのを妨害すれば戦略目標を達成だ、ということで買収したという説がある(バウレビ井田氏が主張)。もし新PRIDEに、旧PRIDE残党を動かすというなら、アメリカ企業の一番の得意分野である法廷闘争で、契約問題を泥沼に持っていって金縛りにさせるのはほぼ確実だろう。

ダナは「やり手のUFC社長」なのか「MMAを確立するために奮闘するMMAファン」なのか、真価が問われる。