INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

ミルトンが欠場。まさに「失楽園」(笑)

タイトルの由来は渡辺淳一のポルノではなく
http://homepage2.nifty.com/tanizoko/Milton.html


ニュースはこの通り
http://www.pancrase.co.jp/tour/2007/0905/index.html

ビザ発給のトラブルだって。
これって、本人に責任があるのか団体に責任があるかしらないけどさ、もし本人とかマネジャー(例:サイボーグのマネジャーがイズマイウ)がだらしなくとも、それの尻を叩いてちゃんとやらせるのも含めて団体の責任じゃん。
パンクラスは小なりとはいえ、「しっかりしている」という点の評価は海外では高かった。
そこの信頼性を、ファンから失ってはいかんよ。

いや、今でも既に「欠場スーパースター列伝」ができてしまう(笑)。
http://blog.livedoor.jp/suck_me_disco/archives/51029499.html

昨年末からざっと思い付くだけでも、バオ・クアーチ、ジョン・フランソワ・レノグ、元スペツナズ勢、ファビオ・ナシメント、チアゴ・シウバ、カーロス・コンディット。ほぼ毎回、目玉の外国人選手がビザや契約トラブルで欠場している異常事態。こう続くとパンクラスの身体検査や管理体制に問題があるとしか思えません。せめてもの酬いとしてチケットの払い戻しに応じるなど、真摯で誠実な対応を望みたいところ。


スペッツナズ勢力は、内閣調査室から国家安全保障上の理由で入国を厳禁されたそうだからまあ仕方ない(うそ)。
その他の選手なんだが、これもウラ情報によるとこんなことがあったんだそうだ。

パンクラス、入国トラブルの真相

入国管理局
「今回の入国の目的は?」

某選手
パンクラスで闘うんです」

入国管理局
「ハァ?・・・、君、バカ言っちゃいかんよ。過去の記録には『PRIDEで試合のため入国』となっているぞ。なんでPRIDEに出場した選手が、あの入国管理法以前に,労働基準法最低賃金法に違反しているとも言われる、あの、よりによって、パンクラス、なんか、に出場するんだ。この入国目的は偽装だな?どんなスパイ活動に来たんだ、吐け!!!」

これは管理局を責められない。

まあ、上のリンクhttp://www.pancrase.co.jp/tour/2007/0905/index.htmlにあるゴッチ翁の写真は、有名な彼ら夫妻が今眠る湖も映っている素敵なものなのでこれ以上はとがめない。

(あれだけ散々書いておいて「これ以上」か(笑)?)