INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日K-1.どのサイトも速報禁止の中、速報を断行!・・・するようなしないような

K1ワールドGP2006決勝戦 

▽今夜!新王者が誕生KO必至の大混戦トーナメント▽いきなりの激突!!'05王者シュルトvsK1の番長バンナ▽負ければ引退!!格闘技人生を賭けホーストが最後の戦い▽日本人の意地!!武蔵vsアーツ

12月2日(土) 21:00〜23:09 フジテレビ Gコード(879032)

◇東京ドームから「K−1ワールドGP2006」の決勝戦の模様を送る。9月に大阪城ホールで行われた開幕戦を勝ち抜いた8人のファイターが激突。果たしてことしはどんな闘いが展開されるのか。また、開幕戦でのピーター・アーツの欠場や、武蔵、レイ・セフォーら有力選手が決勝に進出できなかったこともあり、リザーブファイトも本戦に劣らず豪華な対決となる。
メーンキャスター・藤原紀香スペシャルゲスト・長嶋一茂、解説・谷川貞治


フジCS放送(ノーカット生中継)は午後五時から。午後3時から、直前番組あり


なぜ「速報するようなしないような」と曖昧かというと
1・英語版でもニュースを流すため、おろそかになる。
2・シュルトさん敗退の場合、ショックで中断
3・K-1からついにここも文句を言われる
4・急な仕事
5・あきた。

などの理由で途中でやめる可能性があるからですな。そこはご承知を。





【速報開始】

リザーブ武蔵vsピーター・アーツ

アーツ攻勢 ローが走る
常に先手 武蔵はミドルなどを。
ワンツー 1Rで武蔵ダウン!!
立った武蔵 もうふらふら

ワンツーさらにラッシュ 2ダウンで武蔵終了。
いやあ愉快愉快だ幸先いいぞ



K−1 WORLD GP 2006 準々決勝 3分3R延長1R> 

セーム・シュルト(オランダ/正道会館)対ジェロム・レ・バンナ(フランス/レ・バンナエクストリームチーム)

プロもビデオじゃ悪役のシュルト これはしょうがない。彼らへのおまけ、プレゼントだ。
だが油断できない相手なのも事実 一発のパンチは怖い.
しかし空手着のシュルト 表情には自信 鳴り響く「2hot 2handle」


1R終了 見ごたえあり
セームは制空権を持っていると思う 着実に鉤突きもミドル、ハイ、何より前蹴りも当ててるがバンナ7倒れず
ボディが怖い

2R左ハイ一閃!!バンナがダウン カウント8

その後一発パンチを返したバンナだが そこで2R終了


3R終了 バンナは最初から最後まで「健闘」した。しかし健闘以上のことはできなかった。

しかしクリンチのとき、一発でいいから膝蹴りOKにしてよ。みんなクリンチしにいく



K−1 WORLD GP 2006 準々決勝 3分3R延長1R> 

アーネスト・ホースト(オランダ/チームミスターパーフェクト)対ハリッド“ディ・ファウスト”(ドイツ/ゴールデングローリー)

ハリッドが比喩ではなく文字通り物理的に「勢い」がある ホーストもハイキック当てて1R終わり
ハリッドは踏み込みが大またなんんだね でも大振りなのでけっこうホーストもかわす ただかわした後の次が無い
一回コンビネーションを決めるホースト しかしパンチで圧力をかえすハリッド 五分っぽい
3R おそらくホースト うまくかわして細かく当てる


本戦ホースト1-0ドロー 延長へ
最初はファウストだが、ローを入れたりクリンチを混ぜたりしてペースをつかんだホースト
ローは効いたはず
延長でホースト勝ち

K−1 WORLD GP 2006 準々決勝 3分3R延長1R> 

グラウベ・フェイトーザ(ブラジル/極真空手) 対ルスラン・カラエフ(ロシア/マルプロジム)

1R これ以上も無い見事なブラジリアンハイキック そこから連打パンチ
カラエフはスタンディングダウン。しかし目の焦点が合わずそのままKO判定 最初はカラエフがスピーディーに責めていたが残念


K−1 WORLD GP 2006 準々決勝 3分3R延長1R> 

レミー・ボンヤスキー(オランダ/チームボンヤスキー)対ステファン“ブリッツ”レコ(ドイツ/ゴールデングローリージム)

レコの蹴りがレミーの急所にあたり、試合中断。
かなりきついようだ。
スーパーファイトと休憩をはさんで再開だというが、やれないんじゃなかろうか。
そうすると反則負けのレコが勝ちあがり?

特別試合 レイ・セフォーメルヴィン・マヌーフ

無差別級の醍醐味・・・といっていいのかしら?
初物には強いセフォーがワンパンチKO 1R



レコvsボンヤスキーが再開

再開した。そしたらおもいっきり放ったレコのバックキック、あのバダ・ハリをKOそたバックキックが・・・再びレミーの急所に(さすがに笑えん)。

休んでます、今、レミー
驚きの再再開。レミーは偉いが、いいのかこれで。

3Rにダウンをなんとレミーガ奪い、なんとか正義?が勝利


【準決勝】

セーム・シュルトvsアーネスト・ホースト

シュルト安定の試合運び ホーストうまく致命的打は避けるが、武蔵並みのクリンチラッシュ
振り払うシュルト わざと?ひっくり返る感じも

2R 前蹴りとハイキック
ホースト手数なし 前蹴り決まりだす クリンチ多いって でも伝説にはおまけもありかも 後半はシュルトのワンサイド

決勝はグラウベvsシュルトかなあ

3R

ひさびさにシュルト初号機発動
一方的だがKoは奪わないというアレ おれはこれが大好き。フォータイム王者をおもちゃ扱いだ。
でも判定

当然勝ちシュルト


あやしい手品師来た

「これ角のタバコ屋のお婆ちゃんには評判良かったんだけどねえ」
つうか場所が東京ドームなのに、なにスケールの小さい小道具手品やってるのよ。
引田天功(PRIDE-4)の勝ち。

角田信朗さんが説明

レミーは勝ったけどドクターストップ。まあkろえは順当。
では反則したもの勝ちでステファン・レコ?・・・と思ったら、「レコも足を負傷してドクターストップ」だって。
反則の元凶が出ないで済んだってことで結果はオーライだけどさ、さあ事実はどうだか。
K-1が、「大山裁定」的にお前が出たら世間が納得せん、とやめさせたんじゃないか・・・なんて妄想をしちゃうんだが。
もしそうであったら、何が「フェア」であるのかという思想的問題という面も無くは無い。

つうわけでグラウベvsアーツ(リザーブ戦勝者)

1R ブラジリアンキックがアーツのテンプルをかすめよろめく。アーツそこで踏ん張りうまくまとめたりローを聞かせるもややグラウベ

2R
ところがアーツが復活!!
ラッシュでポイント・・どころか2回目のラッシュでダウン!! そしてKO!!こりゃ信じられない。
どっちも大型選手でなかなかシュルトには厄介同士だったが、グラウベだと思った。

しかしシュルトにとっては、ルール改正とクリンチ責任を取らされて泣いたオーストリア大会の雪辱戦になる。

バダ・ハリ対ポール(スーパーファイト

まあ、どうでもええわ。谷川貞治さんのバダハリ絶賛解説が面白し。
一応判定は3対0でバダ・ハリで、これは順当。



【決勝戦

セーム・シュルトピーター・アーツ

こんどもアーツが善玉役だなあ。なんか人気者を相手に戦い続けるのか。セームより人気がない選手が少ないのか(笑)_| ̄|○

来年は大政奉還140周年だが、それは吾が皇室だけで十分だろう。
そうそう暴君の「王政復古」をさせてたまるかっての。



ほら3度「2 HOT 2 HANDLE」が東京ドームに流れた。

いよいよだ。

1R アーツのローが結構重い シュルトは以外にも後半、ボディーブローが効果的。
アーツからだが丸まったこれは大きいでもしぶとい

2R
ピーター けっこううまく顔面に当てる しかし前蹴りずばっときめ、ひざにつなげてダウン奪う。
その後、しかしアーツが意地のラッシュ これhがダメージあり いやあ危ない

3R
シュルト見事に判定で勝利ですが、あわやの場面も多く、ますます精進してください。
暴君の根性はいい教訓になりましたが、しかしそんな人でもやはり牙城を崩せない、そんな存在にシュルトはなりました。


藤原紀香、ノリカが最後にとってつけたように「シュルト選手すばらしいですね」と来た。
お前も「K-1第一世代」。そろそろグローブを置いちゃどうだ(笑)

おしまい










【おまけ】セーム・シュルトの入場曲 2HOT 2 HANDLEのプロモビデオ。

オランダ格闘家多数出演。
小生は最初「2・ホット・2・ハンドル」ってどういう意味やらまったく分からなかった。
「2」がtooの語呂合わせと分かってれば違ったかもしれないが、「手で持てないほど熱いぜ!!」という意味だと聞いてナルホドと大いに納得したものだ。これが大会名だというのはなかなかにシャレている。

で、大会と歌とどっちが鶏か卵かわからないが、この映像によるとこの二つがきちんと融合して、格闘技自体をイメージしたプロモビデオになっているようだね。それとも大会先にありきで、その大会のイメージソングとして作られたのかな?
http://www.youtube.com/watch?v=chyOyWJk8bg
明日はこれを、3回聴くから皆さん嫌でも覚えるでしょう、と願望込みで。
歌詞を探したけど、例のサイトhttp://www.stlyrics.com/でも見つからなかったなあ。