INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日パンクラス1/26後楽園。”色物十段”佐藤光留は?そして北岡悟vs井上克也は?

関係ないけど、昨日のトップエントリ「吉田道場とDSEの力関係」地味な表題だからあまり来訪者は来ないとだろうなと思っていたのに、NHBニュースからの来訪が500件に迫る勢い(笑)。
皆さん裏事情より、もっと純粋にリング上を楽しみなさいって(俺がいうか)。



で、今回はパンクラスがネタだから200いくかどうか。それはともかく試合前に。
この団体が、今手元にある材料ででどう工夫をこらすか・・・という視点からみれば、その知恵と努力は評価できる。
とはいえ、前に書いたように2月はMARS、DEEP、修斗などがあるなかで、それらと比べて純粋に優れてるかといえばもうね。他は、かなりに気合の入った勝負興行だし。
カネも時間も無限ではないのだ。正直ヒジョーに微妙でしょ。


その中で佐藤光留がやってるコレも、「カネを使わずニュース媒体の場所をゲットする、ひとつの広告戦略」だと考えれば涙ぐましし、ある意味間違ってはいない。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/headlines/images/20060119/20060119-00000026-spnavi-spo.html

彼に「KO勝利の山を築いて、知名度と人気を高めたら?」といってもまあせんないことだし、だいたい世の中、五味隆典だけでもつまらない。虎の縞は洗っても落ちない、というやつである。
しかし、新人の川村ですらこういうキャラに走ってるのは・・・ひとつは横浜道場の流れで、「先輩が馬鹿をやらせようとしたとき、2倍3倍のバカで返す」というようなキャラクターじゃないと、パンクラスの新弟子から上がっていけないっていう部分があるんでしょうね。甲子園球児はどうなったんだ。


しかし、元凶いや象徴の鈴木みのるは「お前らいい加減にしろ。俺まで変態だと思われる」とも言ってるらしいなあ。


そして北岡悟
あの「(菊地昭に負けた井上克也は)かっこ悪いよね」という言葉で「前借り」した、期待や好奇や、隙を見せたらツッコんでやろうという皮肉交じりの目・・・そういう債務は、ちゃんと結果を残し内容でも見せなきゃ返せないぞ。

そして、あんたがパンクラスIsmの新エースなんだから。

北岡 「私が何もできず負けたらどうするのですか?」
尾崎 「困る」
北岡 「私をそこまで評価すると?」
尾崎 「実を言うとあまり評価してない。しかし、君しか新エースがいない、だから評価する。こいつは大前提なんだ」
(パン河英雄伝説