INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

本日「朝まで生テレビ」。少子化問題。

http://www.tv-asahi.co.jp/asanama/video/Curr/program.html#p

司会: 田原総一朗
進行: 長野智子渡辺宜嗣
パネリスト: 松島みどり(衆議院自民党蓮舫参議院議員民主党福島みずほ参議院議員社民党党首)奥谷禮子ザ・アール社長、経済同友会理事)長田百合子(塾経営)金美齢(評論家、JET日本語学校理事長)遙洋子(タレント・作家)ミュリエル・ジョリヴェ(上智大学教授)勝谷誠彦(コラムニスト)松原聡(東洋大学教授)森永卓郎エコノミスト八木秀次高崎経済大学教授

右派だ左派だで色分けできる問題でもべつにないから、その分、番組としては低調にならざるを得ないわな。
それに、実はたいへんな隘路であって、「少子化」を問題だ問題だといってると、逆に「子供を持ってない人は悪いの?」「いえいえそんなことはありませんよ、個人の自由ですよ」と答えなければいけないから、どうしても歯切れが悪くなるのよ。

「会場の女性の声」も、おのずからその内容は微妙に笑いが入るしね。

いったん結婚して退職すると2億円生涯収入が減る、という指摘は面白かったが。
あと、「子育て支援を充実させよ」というとき、それは社会が「独身者・子無し夫婦から金をとって、結婚して子供を持つ人に所得を移転させる」ということでもある。
それでいいなら、まあよかろう。
例えば、話に出てきた「出産費用無料化」とかも、まあしょうがないだろうな。
あと、小児科医者が少ない少ない、という話も、まあ税制や補助金で、小児科は儲かる!ということになれば、医学生の中でその道を選ぶ人は増えるでしょう。
今は、例えば子供は分量的に使う薬の量が少なくなるから儲からない、とかいう部分があるそうだ。

ある程度、「子供持ち家庭はコストが掛かるんだから、俺たちに(こそ)金をよこせ」という意識的な「奪い合い」をすれば問題ははっきりする。


ああそうだ。
かつて諸君!の巻頭匿名コラムニスト「紳士と淑女」子(たぶん徳岡孝夫氏)が、少子化対策でこういう提言をしていた
出生率上昇の方法は、すごく簡単だ。
全国一律に、夜10時以降は強制停電させればいい」

なるほど(笑)