INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

靖国問題いろいろ

靖国神社公明党と(リバイバル

リバイバルっつっても昨日の今日なんだが、前日付けに書いた
極めて遺憾ざき。

というのがわれながら気に入ったので、流行らせてみようと繰り返しで掲載した。

毎日新聞「発信箱」靖国神社問題語る

発信箱:例大祭便乗論への疑問=山田孝男
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/news/20051017ddm002070097000c.html
上村幸治氏離脱後、もっとも面白いのは個人的にこの山田氏。
ただ、参拝する前の記事ですのでご注意。

・・・靖国問題は主に中国との政治ゲームだという見方は重要な側面を言い当ててはいる。が、反日暴動はすべて共産党の演出によると割り切れるものではない。日本の首相が自ら隣国の争気をあおる愚を・・・

筑紫哲也さんの発言

またもやこの人は、賛否を超えてしょうもないことを。
それを楽しみに、録画予約までしている自分がいるんだけども(笑)。

私は人も国も、相手が嫌だと思ってることはなるたけやらないことが有好の道・・・

もちろん、牛肉輸入も基地移転も竹島もガス田も拉致問題も「相手が嫌だと思ってることはなるたけやらない」なる原則でやるんでしょうけど。
こういう発言↓のほうが適切だったのではないか(爆笑)

えーーー、ま、あの、たいへんなことでは、あるんですがね、
えー、ま、思うところ感じるところはいろいろありますけれど、
しかし、ま、中国がどう対応するのか、それから韓国政府が
どう、動くのかいろんな分からないことがあります。
全体像が見えるまで、あれこれ言わないほうがいいかのもしれませんね

http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20051014#p5

ホントに何にでも使える、いいモデルだなあ(笑)


事前予告について

時々、報じられていたけど今回産経新聞で1面にこう書かれている。

『首相は時期は別として、来年も靖国神社を参拝する。それでもいいなら会談を受ける』と非公式に打診していた。それでも中国が会談に応じたのは・・・

このへん、どういう形で同国政府は損得勘定をしていたのだろう。