INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

abemaTVの格闘技配信の戦略と情熱〜FIGHT&LIFEのインタビューから

FIGHT & LIFE 久々に読んだら、abemaTVの格闘技チャンネルのプロデューサーをしている、北野雄司氏@long_goodbye のインタビューがあった。

Fight&Life (Vol.67)

Fight&Life (Vol.67)

印象に残ってることを記憶だよりで紹介

・abemaTVで、他のスポーツジャンルを含めて最高の成績を、この前のK-1大会の中継が挙げている。
・総合がとっつきにくいと言われるのは自分たちの見せ方の責任だと思う
・ただオリジナルコンテンツの、格闘家ドキュメンタリー「ONE DAY」では、確かに今はK-1系のほうの成績が上回ってる
・配信の時間帯はやはり、成績に直結する。ONE FCとabemaTVが連携を強めているひとつの理由は、あまり時差がないから、大会をそういう時間に生配信できるからもある。ONEのチャトリCEOが、熱心で信頼できるからでももちろんあるが。
・もちろんUFCやベラトールとだってそういう関係は保ちたいし、実際に信頼関係を築けたとも思う。ただし時差で朝などの放送になるから…
UFCが世界の最高舞台であるとの格付けの差は十分わかってる。自分だってずっとファイトパス会員だ
・ベラトールで面白いのは、実は非常に番付上位の有名なお相撲さんがファンで、「北野さん、ベラトールはもうやんないんですか」と聞かれたりする(誰だろう?)
・ONEと連携を強化するといっても、他との関係を抑えるとかではない。
・「格闘代理戦争」レジェンドの存在感が大きすぎるかも(笑)会議ですごく打ち合わせして、こういう方向で次行こう!とやってるのに、レジェンドの行動がその予想通りになることってめったにない(笑)
自分は新日本プロレスワールドの企画を一から立ち上げた一人。ああいうストリーミングサービスの手ごたえとかも実感してる
・abemaTVで、各ジャンルのプロデューサーみたいな仕事やるやつは、麻雀でもアニメでも釣りでも、とにかくそのジャンルを超絶に愛する一騎当千の連中。自分がそれに伍して提供できるのは『格闘』しかなかった。


もっとおもしろい話があった気がするし、紹介の細部もあまり正確ではなくてすまないのだが、おおむねそんなふうな話が掲載されていたと記憶する

突然現れ、格闘技業界のど真ん中に躍り出たabemaTVの動向は今後も注目される。
(了)