INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

亀田イベントで一般の注目も集めたabemaTV。赤字を出しつつ、このまま突っ切れるか?どこかで力尽きるか?格闘界の命運を左右する問題。

『【Abemaの歴史的一歩】亀田興毅のYTL同時接続70万視聴がどれだけやばいか説明する。』
http://ameblo.jp/anshokuki/entry-12272603328.html #

・・・・・・・・ずっとネットのLIVEや番組に向き合ってきた自分としては
YTL70万接続なんてありえない数字なんです。

何をどうやったってこんな数字作れない。

例えば、

合計の登録者数でいうと日本No.1の登録者数を誇るHikakinのGAMEのYTLは、だいたい

10,000 ~ 20,000

視聴ぐらい。

彼の登録者数300万弱ぐらいなので、多く見てだいたい1%くらい。

最近出産をして大注目を浴びているしばなんチャンネルでさえ、やっぱり同じぐらいの数値。彼女たちは登録者数50万ぐらいなので4〜5%ぐらい。

それを登録者数19万のAbemaが400%近い70万視聴をつくるなんて。
こんな数値Youtube史上見たことない。
人間ってこんないたっけという感じ。本当にマスにリーチしてるんだなぁ…。


それほどでもない、と語るツイートもある





まあ、史上最大か、常識ではありえないかはともかく、視聴者数が多かったか少なかったかでは、間違いなく多かったと言えそうです。

ただ、ひとつは、これぐらい視聴者数が多いと、abemaTVTV「ですらも」サーバーが落ちてしまうのかと。
構造的に、根本がちがうからしょうがないんだが、「電波」で大拡散できるTVはやはり強いなぁ・・・・・・と。まあ、そこまで行くことはそうそうないのか。


ときに「リアルタイムじゃ視聴しきれないよ」というのがあるが、実質「録画」に近いサービスも登場した。





それ以上に根本な話は、
abemaTVはすごい
いろんなコンテンツがある
知名度が急上昇
格闘技からアニメからニュースまでやまほどコンテンツがある


ぜんぶ同意だけど「赤字だけどね」という冠、枕詞がつくよねえ・・・・・・・・という話


これは2月ごろのツイート。


しかしまあ、「当面の赤字を覚悟」してらっさるのは間違いないんや。
われわれは、「こんなに赤字では、あるいは負債が大きくては持続可能性がない、もうじき破たんするぞ破たんするぞ」と言われながら天下をとった例を知っている
ソフトバンクグループと、アマゾンである。テスラモーターズはどうなったかな。


だから、abemaTVは大化けして、5年後10年後は完全に定着しているのかもしれない。そうであれば、格闘技界はその末端で(?)生存していける。そうであることを望む。実際abemaTVのおかげで、本当に会場に行かなくて済むようになった(いや団体側からすればそれも問題なんだろうけど)。


亀田興毅イベントで、賛否両論含めて大きな話題になったabemaTV。
これから、どうなっていくのか。それは自分が予想できることではない。

巨大なabemaTVも、内部に充満する人的エネルギーによって飽和状態に達するようで、この生死をかけた「お祭りさわぎ」をサイバーエージェント関係者は後に細部まで思い出すことができた。

どのような別れが、またどれほどの赤字が彼らを待つのか、それらを承知してはいても、abemaTVはサイバーエージェントにとって祭りの広場だった。せいぜい陽気に、にぎやかに、彼らしかなしえない祭りを楽しもうではないか・・・・・・


より


こういう記事を書いたら、連動まとめをつくるのが恒例になってきているのかもしれん、我ながら。

亀田興毅や藤井四段で話題、abemaTVの将来〜赤字は深刻か?「初期投資で、今後大成長する」か? - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1108634