INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

「エジプトの魔神」か、「日ノ本最終兵器」か?PRIDEの匂いがする、「遠藤vs大砂嵐」は本日!!!

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/15/kiji/K20140315007782210.html
取組を編成する審判部が粋な演出をした。満員御礼が確実な8日目に、幕内下位で全勝の大砂嵐を東前頭筆頭の遠藤にぶつけた。

 通常は幕内中堅の好調な力士との対戦から組んでいくだけに、異例の大抜てきといえる。伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)が「みんなも見たいだろうし、私も見たい一番」と言えば、鏡山審判部長(元関脇多賀竜)も「8日目だからサービスだよ」と……

大砂嵐の力強い相撲が、今場所最多の7378人の大観衆を沸かせた。立ち合いで舛ノ山に右かち上げで先制攻撃。左四つに組み止めた瞬間に「考えるんじゃなく、体が反応した」と右からの突き落とし。初土俵から13場所。幕内3場所で初のストレート給金へ、勢いは加速している。

 「遠藤コール」もこだました。「仕切りの後はいつもは聞こえないけれど、今日は聞こえた。うれしいですね」。元大関琴欧洲相手に連勝。冷静な判断ではたき込み。7場所目で初日から横綱大関総当たり。4連敗発進も、大関稀勢の里を撃破後3連勝。こちらも上昇気流に乗ってきた。

 2場所連続で中日に対戦する。スピード三役の期待を背負う両雄に、鏡山審判部長(元関脇多賀竜)も「盛り上がっていいんじゃないの。大砂嵐は相撲もまともになってきたんじゃない。サービスですよ。いい取組つくらないと」と言った。

 過去の対戦成績は大砂嵐の2勝1敗。幕下、十両でも優勝争いした宿敵…

サンドストーム大砂嵐は、なんでも「上半身の力」だけで考えると全力士の中でもトップクラスだとか。その反面、まさにその上半身に頼ることが弱点だともいう。
遠藤はそこで、どう闘うか。
しかしなんというか、どこがどうとか明確にはいいづらいけど「PRIDE」っぽいね。佐藤大輔の映像がないのが惜しまれる。