INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

VTJ2で堀口恭司vs石渡伸太郎

ゴング格闘技 ‏@GONG_KAKUTOGI
https://twitter.com/GONG_KAKUTOGI

6.22 VTJ 2nd 堀口恭司vs石渡伸太郎VTJ実行委員会・坂本氏「135ポンドで日本一を決める。イコール世界に戦っていける選手になる。想像しただけでワクワクする試合です。プロモーター冥利に尽きる」
 
6.22 VTJ 2nd 堀口恭司vs石渡伸太郎パンクラス酒井代表「日本のナンバーワンを決める戦い。決断しましてうちのキングを出撃させる運びになりました」
 
6.22 VTJ 2nd 堀口恭司vs石渡伸太郎石渡伸太郎「がんばってきます。(堀口と打ち合うか?)……バシバシ打ち合います。(5Rと聞いた時は?)驚きました。どちらかが死ねってことと覚悟を決めました。(王者対決について)もちろん、自分の団体のベルトを背負う覚悟はある」
 
6.22 VTJ 2nd 堀口恭司vs石渡伸太郎堀口恭司「この試合は絶対に面白くなると思うんで、絶対に見に来てください。(王者対決について)パンクラスはいい団体だと思うんで、修斗側としてちょっとやってやろうというのはあります。この勝負にしっかり勝って次に行きたい」

石渡伸太郎戦極最強を証明せよ!・・・という小ネタはおいとく。出たの何回だよ、って話だし。
パンクラスが「うちの石渡」、石渡が「わがパンクラス」というのに違和感を感じる人もいるかもだが、要はこのへんは、プロ野球やサッカーの移籍と同じ感覚で見ればいいのかもしれない。どんなに中日の四番として巨人に煮え湯を飲ませてきた落合でも、巨人に入団すればその日から巨人ファンは「うちの落合」だ。その逆もしかりで。
たとえばA選手のひいきのあまり、A選手が移籍したらひいきチームも変わる・・・というファン層はやっぱり少数派で、野球ファンを描いたH氏のある作品では、それがちょっとしたトリックの伏線になっていたものな。

まあ、どちらにせよ楽しみです。だが1週間前のDEEP CAGEを興行戦争でぶっつぶすには、二の矢、三の矢を放たねば!!そして対抗するDEEPの反撃やいかに??