INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています 

そして深夜は朝生(朝まで生テレビ)。今回は混迷政局がテーマ。再放送はCS

司会: 田原 総一朗
進行: 渡辺 宜嗣・長野智子テレビ朝日アナウンサー)
パネリスト: 渡辺周民主党衆議院議員松原仁民主党衆議院議員茂木敏充自民党衆議院議員山本一太自民党参議院議員)斉藤鉄夫(公明党衆議院議員下地幹郎国民新党衆議院議員
 
猪瀬直樹(作家、東京都副知事上杉隆(ジャーナリスト)小沢遼子(評論家)古賀茂明(経産省大臣官房付)長谷川幸洋(東京・中日新聞論説副主幹)三橋貴明(作家、経済評論家)

政治家は(TV的に)二流どころが並ぶが、言論人のほうは頑張ったDEEP(DREAM?)的に、まあ知名度のある人を呼んだ。小沢遼子か。まったく言論は参考にならないが、小路晃的な古株なのでなつかしい。
最近、長谷川氏は知名度を挙げてきているし、上杉氏と今週「週刊ポスト」で対談していたっけ

官邸敗北

官邸敗北

ただ長谷川氏は安倍政権ブレーン(審議会参加者)の一人であり、「安倍政権は脱官僚にまじめに取り組んだから妨害され崩壊した」という主張。その安倍政権への、当時の上杉氏の批判を並べると、実は大きな齟齬があるのだが、まあ敵の敵は味方、で、4年も立つと敵味方の顔ぶれが入れ替わってると。だって大元の永田町がそうなんだからな(笑)

官僚との死闘七〇〇日

官僚との死闘七〇〇日

著者は…あるきっかけから出会った安倍晋三側近に依頼されて、高橋洋一とともに安倍政権成立前から安倍を支える極秘チームを結成します。極秘チームは年金改革、税制改革、道路特定財源一般財源化、公務員制度改革といった一連の重要政策メニューを安倍総理と改革派政治家に提案し、それに反対する官僚たちと「改革バトル」の死闘を繰り広げていきます。タイトルに「七〇〇日」と付けたのは、安倍政権成立前から現在までのおよそ2年間の死闘であること、この死闘はけっして終わっておらず、その長い死闘の中間報告であることを意味しています

朝生(朝まで生テレビ)の再放送は

こちらを参照
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20090725/p3