INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

福田力の不可解な判定負け、&次回、高阪剛が秋山成勲のセコンドに

実はWOWOWを見る前、twitterでつい目に入ってしまったのは「福田力の判定納得いかん!」というつぶやき。結果を知ってしまったのですが、「さて不可解な判定というがどの程度不可解なんだろう」という視点で見るとこれはこれで。

だが・・・・・・、予想以上でしたね。
UFCなんて基本「タックル馬鹿」のジャッジで、タックルを上手く決めればそれだけで有利なはずですけど、それでも負けちゃうんだね。不可解だ。しかし日本人がUFCで、タックルを決めるというシーン自体がめずらしい。
世論がふっとーして「リキは本当は負けて無い!」という声があがればいいんだが、世界的にはPPV放送に入らなかったこと、二人ともUFC初戦だったことであまり話題にはならないが・・・ここは格オタマッチメイカーであるジョー・シルバの公平な目に期待しましょう。

そして秋山成勲のセコンドに、TK高阪剛が就く。

http://blog.livedoor.jp/nhbnews/archives/52151314.html
に書いたように、TKがテレビ放送の中で明かしていました。
もともと柔道出身選手のつながりというのは深いので、おかしな話では無いのだけれども、一方で桜庭和志高阪剛の深い関係もあり、そっちから見ると意外と言えば言える。
ただ桜庭はいまだに、あからさまに秋山を嫌っているけど「関わりたくない、考えたくない」というスタンスだし、山田トレーナーももう秋山の元に戻っている。金網ありの秋山ジムが練習拠点になっていることもあり、徐々にというか既にというか秋山復権は完成に近づきつつあり、そしてTKの合流である意味、秋山復権が完成したな…と。
さて高阪孔明を獲得した秋山劉備が、蜀の国を興せるか。