INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

猪瀬直樹東京都知事、金曜日の記者会見をしたくない、と。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112700395
東京都は27日、猪瀬直樹知事による29日の定例記者会見を取りやめたいとの意向を都庁記者クラブに伝えた。猪瀬知事の記者会見は毎週金曜日に行われている。医療法人「徳洲会」グループから5000万円を借り入れた問題をめぐり、与野党など各方面から説明責任を果たすよう求められる中、説明を回避する姿勢に批判が高まりそうだ。 

〔写真特集〕猪瀬直樹

 猪瀬知事は29日午後1時からの都議会本会議に出席した後、午後3時からの会見に臨む予定だった。都庁報道課によると、猪瀬知事は外出のため会見の中止を求めたが、外出する用件は明らかでないという。記者会見の代わりに、議会終了後に「囲み取材」には応じる。

この前、こう書いたばっかりだよ!!!
関連部分だけ再録しておこう

あの時、木村政彦の前に立った作家・猪瀬直樹なら、都知事猪瀬直樹の説明に納得したか?
http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20131124/p1

「定例会見」(情報公開)があるからこそ、彼はここまで追い詰められた

前任者もときどき苦しんだが(笑)、ここが東京都知事のつらいところで毎週一回、いやでもおうでも定例会見にはでなきゃいけない。
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/kako24.htm
そして、全文革命によって、すべての詳細な部分が、とりあえず情報、資料として提示される。また「しどろもどろ」か「冷静沈着」かはメディアがどう評価するとしても、動画によって実際の状況を確認できる。
D
もしこういう仕組みが無かったら、彼は100%、こういう質疑の場を設けなかっただろう。
情報を公開させる場、権力者に質問できる・・・「仕組み」がいかに重要か。そこで問える力や材料があるかどうかはまた別の問題となるが。

やめ
ちゃった。