INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-

John 8:32 Then you will know the truth, and the truth will set you free."  複数ブログの過去記事を移管し、管理の委託を受けています/※場合により、語る対象の「ネタバレ」も在ります。ご了承ください 

修斗返り討ち、王座防衛、そして真空飛び膝…12.1大会はものすごい

あれー?まだ放送期間中ではあるが、予定ではもう9日の放送しかないわ。
http://www.samurai-tv.com/program/pancrase.html
12月 9日(土)午後 6:00〜午後 9:00

でもまあいいわ。
今回はやはり3つのKO劇が圧巻でありました。
まず今年のパンクラス公式戦を締めくくる清水清隆の防衛戦・・・どちらかといえば泥臭くタックルとテイクダウンをとって、粘り強さでの凌ぎ合いが持ち味というイメージの清水選手が、目の覚めるような一発KOで、朝日昇の愛弟子をマットに沈めた。
だれが呼んだか、その一撃の名は「サイコパスパンチ」。

清水 清隆 kiyotaka shimi ‏@kiyotakashimizu
そうです(笑)“@gryphonjapan: 昨日の、あの衝撃のKOを生んだ清水清隆選手の一撃は「サイコパスパンチ」との名称があるっぽい? QT @kiyotakashimizu いやいや! サイコパスパンチ喰わせました!”

そしてIsao vs 富樫健一郎。
今まで「vs修斗」と銘打たれた試合の中でも格段に対抗戦的な雰囲気が漂っていたが・・・なにしろヨアキム・ハンセンにもアウトボクシングで勝利した富樫健一郎。緊迫した接戦は必至と思っていたが・・・まさかの16秒勝利。
秒殺は幸運もあるのだろうけど、それを差し引いてもisaoおよび「坂口道場」はなんでこんなに強いの? と謎が深まるばかりだ。


そして最後にKEI山宮
武藤のコスプレで入場、これはまあいいや。
おなじみだ。ハゲヅラはともかく(笑)。

しかし、それをやって入場した試合で、本当にシャイニングウィザード(真空飛び膝蹴り)で秒殺KO勝利なんて、できすぎだろ40歳のいい歳して。(関係ない)シバターだってそこまでやんねえぞ。

しかし、マイクアピールした川村亮とのラバーマッチも面白いが、以前から個人的に言っていた「40歳以上での最強を決めるトーナメントやタイトルを作ればいい」という話で、今度12.22には金原弘光vs桜井隆多の決着戦がある。
提案なのだが、ここはスーツでびしっと決めて、DEEPのリングサイドで2人の試合を観戦、そして勝者に「40代最強」の称号をかけ、挑戦の名乗りを上げる・・・というのはどうでしょうかね。
むかし、力道山vsコワルスキーのワールド・シリーズ決勝を、デストロイヤーが観戦して、次の挑戦の機運を盛り上げる・・・ということをしておりました。